« 完全わたくしごとですが・・・ | トップページ | VS嵐最強王者決定戦スペシャルshine »

2009年1月12日 (月)

VS嵐最強王者決定戦直前スペシャル☆

今更sign02
・・・はい、今更(笑)coldsweats01

土曜日はバイトで・・・普通に帰ると7時ちょい過ぎるんですtrain予約はもちろんしてあるものの、頭からリアルタイムでみたい・・・ということで会社から駅、乗り換え、駅から自宅はダッシュrunrunrun

FNSの時、予約できなかったんでそれやったら6時59分に家に着きました(笑)coldsweats01そしてVS嵐・・・6時52分に家に着きました(笑)scissors記録更新ですcatface

なので直前までにUPできなかった直前スペシャルcoldsweats01
前回は、直前スペシャルで独立して・・・レギュラー放送圏ではレギュラーと合わせて同じ内容が2回流れたんですけど・・・今回なかったのでレギュラー放送ないとこの方は見れてないですよね??
なのでUPしてみますconfident

あっ、智くんちゃんといるので喋るまでしばらくお待ち下さい(笑)catface

衣装の上はみんな薄目のピンク(インナーはそれぞれにTシャツ)flairたぶん翔ちゃん、まちゃき、にのちゃんがジャージで、潤くんがカーディガン、智くんがVネックのセーターでしたnote下はにのちゃんだけハーフパンツでしたwink

座り順は、普段のエンディングトークと同じ、画面左から翔ちゃん・まちゃき・潤くん・智くん・にのちゃんで、いつも通りL字の白いソファーですflair




『さぁsign01
『さぁsign01
『今日7時??happy01
『最強王者決定戦、第2回目です。』
『今日7時happy01』←2回言った(笑)catface
『昨年10月に放送されました、』
『うん。』
『このスペシャルが好評につきまして、』
『はい。』
『第2回できるとflair
『ありがとうございまーすshine
『しかも、前回90分だったところが今回2時間にshine
『ありがとうございまーすhappy02
『すごいshine
『すごいですよ・・・恐るべしフジテレビの勇気に乾杯sign01という感じですよね。』
『本当にcatface
『たださ、前回さ、いうても優勝できなかったでしょ??』
『いうてもね。』
『いいとこまで行ったじゃないですか、僕らflairまじで・・・』
『今回は勝ちたい。』
『俺もぉ今回は大きなミスはせずに、先2ヶ月くらい謹慎がなく過ごせるように、穏やかに過ごせるようにミスはなくしていきたいわけよ。』


   テロップ:『前回SPの戦犯sign02』という文字と、タワー倒した後の翔ちゃんの写真catface


『年始早々だもんね。』
『そうそうそうそう。』
年始早々謹慎は嫌だよね・・・
『謝りたくないでしょ、カメラにむかってcatface
『(笑)』
『この先、ことあるごとに『申し訳ありませんでした』と・・・』


   爆笑sign03


『そのためには最低でも決勝戦まではいかないと・・・』
『いかないとcatface
『本当に嵐映んない・・・』
『そこいかないとVS嵐じゃないからね、もぉ。』
『そうだよね。確かに。』
『そう、VS誰??って話だからねcatface
『今言ったよぉに決勝戦があります。』
『はい。』
『今回三つ巴戦。』
『はい。』
『アスリートチーム、芸人チーム、そして嵐チームで戦い、』
『はい。』
『その中で上位2チームが決勝ラウンドに進むことができるとflair
『だよflair』←もしくは『なるほど』を早く言ってたかもsweat01
『だよねflair
『まずはその決勝ラウンドに進まないことには何も始まらないわけです。』
『んーcatface
『そうflair
『というわけで、まず対戦相手見てみます??』
『相手が知りたいね。』
『みちゃいましょうか。』
『相手が知りたい。』
『今回またすごいよコレ。』


   スタッフからフリップを受け取る翔ちゃん。


『勝てそぉな人チョイスしたんでしょhappy01
『もちろんhappy01
『頼むよプロデューサーhappy01プロデューサー頼むよhappy01
『そこはね、番組のバリューを上げるためにね、勝てそうとは別に凄い人たちを用意しちゃいました。』
『あらららら。』
『やっちゃった、やっちゃったパターンだ。』
『うそ、ちょっと・・・』
『凄いんだから今回sign01そうそうたるメンバーご覧下さい、どうぞsign01


   フリップの目隠しをはがす。


『まぁパッとみてお気づきの方もいると思いますが・・・』
『ぅわっ、すげぇ。』
『すげぇ・・・ねっ、全部現役??』
『ほぼ現役だよ。』
『ほぼ現役ですね。』
『え??(体操の)冨田さん・・・』
『が、2008年末にまあ、引退をされ・・・』
『でも2008年でしょsign02
『はい。』
『ついこの間じゃんsign02
『そうですね。』
『そう考えるとなぁ・・・』
『絶対勝てないじゃんsign03どう考えても・・・どう安く見積もっても勝てないよsign03・・・すげぇ人呼んじゃったなぁ・・・』
『今回さぁ、真面目にみんなよく出てくれたよねcoldsweats01
『いや、本当出てくれたよ・・・』
『すごいよ・・・』
『これそうそうたるメンツだと思う。』
もぉ芸人チームいらないんじゃないの??


   スタッフ爆笑sign03


『チェホンマンさんなんて2回目でしょ??』←やっと喋った(笑)good
『そうなんだよ。』
『あっ、そうだねflair
『大野さんと同い年というチェホンマンさん。』
『もう一回出てくれるんだ・・・』
『何、そんな意外??』
『でもリベンジしたいっつってたからね。』
『・・・言ってたっけ??』
『大野さん・・・起きてるよね??


   爆笑sign03


『大丈夫??』
『大野さん、大野さん、今日これから戦うんすよ??』


   にのちゃん、智くんの左の内モモをさするheart01


『この後、この番組収録した後に戦うわけですよ。』
『そう、しち、7時から戦うわけだから・・・なんでもう疲れてるかってことなんだ、問題はね。』
『いや、なんかシャワー浴びたらさcoldsweats01


   爆笑sign03


『だって今ね、逆に俺らもエレベーター、(ボクシングの)亀田さんと番長(野球の三浦さん)同じエレベーターだったんだけど、恐かったもんな、なんか空気がな。』
『えっ、それどぉいう意味で??二人がケンカしそうでってこと??』
『いやいやsign01なんかもぉちょっとピリッとした『やってやるぞ』っていうこう意気込みに溢れてるいうかさ。』
『へぇ。』
『そう、少なくともこのVS嵐の(ロゴの)このカラフル感はなかったcatface


   スタッフ爆笑sign03


ここでアスリートチームの意気込みVTRmovie
要注意人物の話で・・・


番長『やっぱ嵐のメンバーですね。顔も良いし運動神経も良さそうだし。』

亀田『やっぱ嵐かなぁ。芸人チームはたいしたことないやろ。』

内田『嵐はやっぱイケメンでねぇ、スポーツで負けたらムカッてくるんで・・・叩き割りたいというか・・・潰したいですね。』

チェホンマン『ガンバリマス。』


というお答えcatfaceこぉいう場だと嵐をヨイショする人が多いけど・・・だからこそ内田選手のコメント気持ちいいですgood



『芸人さんチームいきましょうか。』
『いきましょいきましょhappy01
『安心するからhappy01
『安心するhappy01
『(勝てそうで)安心するから、芸人さんチームhappy01
『こちらもそうそうたるメンツが揃って下さいました。こちらです。』


   フリップの目隠しをはがす翔ちゃん。


『雨上がり決死隊さんはじめとする、芸人チームの皆さんでございます。』
『すげぇ・・・まぁまぁ・・・まぁまぁすごい・・・すごい人ばっかりですけど、ワッキーとかね。』
『前回いたね。』
『前回・・・そのワッキー的な人って誰かいるんですか??』
『スポーツもできて、動けて。』
『動けて・・・僕から言わせてもらうと、チュートさんとマリエさん以外は確実にもうこれ中堅ですよね・・・』


   爆笑sign03


『アラフォーですね。』
『大丈夫なのこれ、芸人さん、いけるのsign02
『だって一回宮迫さん来た時さ、けっこう動けない感じあったよね。』
『あれもぉ完全に二日酔いでしたからね。』
『あの方ねcoldsweats01
『ケンコバさんとかは負けてるでしょ、俺ら。』
『そうなの。』
『太田さんがいて、一緒に。フェンシングの。』
『そーだそーだ、負けたんだ。』
『まぁ、ケンコバさんに負けたっていう意識はないけどね。


   スタッフ爆笑sign03


『太田さんに・・・』
『太田さんに負けたって意識catface
『やっぱりさぁ・・・これ勘違いしてるよね。マリエちゃんこれやっぱ芸人じゃないんじゃないの??』
『うん、確実にモデルだよね。』
『そうだよねcoldsweats01
『デッドボードですよね。』←これちゃんと聞き取れなかったので違うかもsweat01
『いつも毎回なんか一つ間違いあるよね。』


ここで芸人チームのVTRmovie
みんな笑いにはしってて・・・まとめにくいのでカツアイさせていただきます(笑)catface


とりあえず、嵐が疑問に思ってたマリエちゃんは『帰っていいですか??なんで私がここ(芸人チーム)にいるか全く理解できないsign01』って言ってました(笑)coldsweats01



『ゲームって増えたんだっけ??あれ(前回のスペシャル)から。』
『ゲームね、一つ増えてます。(ジャンピングシューター)』
『あ゛ーーー、そっか。』
『大変なやつがねcoldsweats01
『すっげぇ、すっげぇ辛いやつsweat01
『あれ一番大変だねcoldsweats01
『あれ大変だよ。』
『体力的に大変だよ、確かにね。』←唯一投げるほうやったことない人(笑)catface



ここで今回のゲームの紹介と、スペシャル用にバージョンアップされたセットの紹介VTRmovie



『そしてですね、今回はですね、前回好評いただきました出張フォーリングパイプも行います。』
『はいはいはい。』
『なるほど。』
『結構もぉ豪華な人出てくれますからね。』
『そうなの。』
『出てくれます。前回だって、』
『前回、そぉ。』
『はねトびでしょ??』
『はねトび。』
『はねトびと、あとトキオさんと。』
『トキオさん。』
『すごいよ、今回も。』


   今回の対戦相手は??的な数秒のVTRmovie
   フリップを受け取る翔ちゃん。
   2チームなので、目隠しが左右2枚flair


『こちらの面々です。まずは・・・(目隠しを片方はがす)コールド・ブルーshine』←何の迷いもなく言い切った、東京都出身・櫻井翔・26歳(笑)good
コード・ブルー。』
『コードcoldsweats01
『コード・ブルーcoldsweats01
『凍ってない、凍ってないcoldsweats01


   ウワッbearingって顔して、はがした目隠しを貼って何事もなかったよぉにやり直そーとする翔ちゃん(笑)good


『貼り直してもダメですよ。』


   スタッフ爆笑sign03


『さぁsign03』←撮り直し(笑)??
『あれ、あれ(笑)。』
『ちゃっ、ちゃっ、ダメだって。』
『(立ち上がって翔ちゃんの横に立って目隠しをはがし、)貼り直してもダメ。もう(はがす部分の収録)終わったの。コールド・ブルーっつって。』
『コード・ブルー。』
『ね??』
『えっ??』
『コールド・ブルーっつったんだからcoldsweats01
『コールド・ブルーって僕言いました??』
『言った。ちゃんと撮ってあるから。』
『そのくだりは使われてない・・・』
『いやいや、使われてますよ。』
『使われて・・・』
『完全に使われて・・・』
『だから謝ったほぉがいいですよ、新年早々happy01一発ねhappy01


   爆笑sign03
   テロップ:早くもsign02


『謝ったほぉがいいですよhappy01
『このタイミングでくるの??』
『コード・ブルーに一発謝って下さい。コード・ブルーにね。』
『コード・ブルーの関係者の皆様に??』
『はい。』
『わかりました。』
『一発ね。』
コード・ブルーの関係者、及び出演者の皆様、間違えまして大変申し訳ありませんでしたm(__)m←翔ちゃん。m(__)m←美海。


   爆笑sign03


『(新年早々)いきなり謝っちゃった(笑)happy01
『ちゃんと謝んないとね。』



ここで、フォーリングパイプ、コード・ブルーチームの映像がちょっと流れました。
CMを挟んで・・・



『そしてこちら、めちゃイケの面々です。』
『めちゃめちゃイケてるね。』
『まぁ、めちゃイケflair収録させてもらいましたね。僕らもお邪魔してhappy01
『そうですね。』
『そして・・・』
『来てくれるって約束しましたもんね。』


ここでめちゃイケチームのVTRmovie色とり忍者の映像もチラッとcatface



『さぁ、というわけで間もなく僕たちも、このあとVS嵐最強王者決定戦、本番まいります。』
『はい。』
『戦いに行くわけですねhappy01
『ヤバイsign01


ここで対戦するメンバー決めですflairまずはフォーリングパイプから。



『さぁキャッチ、誰がいきましょう。まぁねでもレギュラーん中でゆったら松潤成績いいっすよ。』
『まあね。』←過去のメンバーのデータが書かれた資料をみる潤くんとまちゃき。
『まぁいずれにしてもキャッチは僕50点なんで。』
『やめようsign01』←資料から目をそらさず、間髪入れずに即答(笑)catface
『やめたほぉがいいです。』
『そうですね、ちょっと、ちょっといったんそこは置きましょうかcoldsweats01』←にのちゃんも資料持ってました。
『(さみしそうにうなずく)』
『これ失敗しちゃったらまたほら・・・』
『そうだよね。』
これ謹慎になっちゃうからcoldsweats01
『そうですね( ´・ω・`)
『(翔ちゃんは成績を)レギュラーでこう、重ねよう。』
『まぁでも数字が高いのは・・・俺とニノとリーダーか・・・』
『大野さん行く??』
『あなたもでも・・・けっこう浮き沈み激しいよ。』
『そうなんだよ、集中してなかったんだろぉな。』
『集中しろよsign01
『集中しろよsign01
『そぉゆうゲームだろ。』
『今日どぉします??』
『0(ポイント)とかある・・・』
『ちょっと待って。今日は集中できる??それによって決めよう。』
『やるんだったらどっち??』
『やる気ある??』
『やるんだったら、ちょっと集中力足りないから・・・チョイスに・・・』
『ね、ねーんだcoldsweats01


   小さくうなずく智くん。


『今日足んないんだcoldsweats01
『今日ちょっと足んないかも・・・』


   ピッタリ寄り添う智くんに甘々の潤くん。
   反対側では真顔で腕組んでるにのちゃん(笑)coldsweats01


『じゃあニノと松潤でよくない??』
『そうだよ、そぉしようよflairじゃあリーダー、リーダーがチョイスする??』
『チョイスsign01
『じゃあ俺がチョイスする。』
『チョイスして。それでいこうよ。』
チョイースcatface


          
(・◇・)・_・)・。・)・ω・)


・・・・・・・・・・・・


『オッケィ。』
『オッケィ。』
『オッケィ。』
『さぁ、次いこ。』


と静かになったところで(笑)、キャッチは潤くんとにのちゃん、チョイスは翔ちゃんと智くんに決定flair


次はピンボールランナーのメンバー決めflair



『ランナー・・・誰いこっか。』
『ランナー誰にす・・・』
『そりゃ相葉さんいったほぉがいいでしょ。』
『俺じゃあいこうか。走ろうか。』
『だってなんもやってないじゃん。』
『そうだね。』
『じゃあ、まぁここまで温存してるわけだから、2戦目でやっぱ出ようよ。』
『そうだね。じゃあ俺が走るよ。で、サポーターが??』
『(フォーリングパイプで)キャッチの二人。』
『キャッチの二人。』
『松潤とニノ。』
『オッケ。』
『オッケ。』
『オッケ。』


と、ランナーはまちゃき、サポーターは潤くんとにのちゃんにflair


次はジャンピングシューターflair



『シューターどぉしよっかcoldsweats01
coldsweats01
『はいsign01俺シューターいきますsign01
『シューターもでもあれ辛いよ、運動量。』
『確かに。』
『ちょっと待ってpaperピンボールランナーで走って、そのままテンション上げて俺も投げようかなflair
『あぁflair
『上げて上げてhappy01
『逆にねhappy01
『逆にhappy01
『逆に疲れてるから休むんじゃなくて、』
『そぉflairじゃなくて、』
『上げたままそのままいくとflair
『そのままいっちゃおーかなhappy01
『えー、ヤバイよ。それはヤバイよ。』
『自信はあるの??』
『自信あるsign01
『なんで??』
『えっ??なにが??』
『なんでってこと??』
『俺一回やったことあるし、俺投げるの得意なの。東京ドームで俺ピッチャーやったことあるflair
『でもお前全部フォアボールだったじゃん。


   爆笑sign03


『一回でワンアウトも取れないで変わったよね。』
『そのあと、そのあとすぐ俺に変わったんだよ、あなた。』←そしてMVPとったよね、にのちゃんshine
『変わったよねcoldsweats01
『だからさ、やめといたほぉがいいんじゃないの??』
『ちゃうちゃう、そのリベンジじゃないけど、リベンジしたいのhappy01
『もぉー、無理だってぇdash
『大丈夫、大丈夫flair大丈夫だってhappy01トランポリンも俺得意だからflair
『初めて聞いたぞ・・・』
『投げんのも得意だしトランポリン得意だからflair
『いつやってたの、トランポリン。』
『あの、あのー、イトー●ーカドーの屋上にトランポリンがあって・・・』
『知らないよsign01


   爆笑sign03


『知らない??あったでしょhappy01
『知らないよdash
『300円くらいで30分できるflairあれずっとやってたからhappy01


ということで(笑)、シューターに潤くんとまちゃき、キーパーに翔ちゃんとにのちゃんに決定flair


次はクリフクライムflair



『そしてだsign01
『おう。』
『これ・・・』
『最後sign01
『クリフクライムflair
『クリフクライムねflair
『最後・・・』
『こりゃ、まぁリーダーでしょ。おのずと。』
『そうだね、順番的にね。』
『うん。』
『あれ??そこまでの間って、そっか・・・』
『(智くん)何もやってないね。』
『あれ??俺、そんなやってない??』←・・・だと思うcoldsweats01なんかボソボソッとcoldsweats01
『そうですよ。たぶんチョイスだけですよ、あなた、今回。』
『ここは行けるでしょflairだからここにむしろ集中力合わせて・・・』
『そこだけだねflair
『ここピンポイントでいこうsign01
『うん。』
『ねっ。』
『合わせる。』
それ以外はちょっと眠そうでもいいから。


   スタッフ爆笑sign03
   小さくうなずく智くん。


究極、ピンボールランナーとか寝てていいからcatface
『うん。』
『あそこ(ピンボールランナー)ちょっと寝て、ほんで起きて・・・』
『で、ジャンピングシューターみてcatface
『ジャンピングシューターみて。』
『どんどん(テンション)上がって・・・』
『起こして、体。』
『で、クリフクライムで本番と。』
『本番。』
『これ・・・』
『で、それ終わったらまた寝てていいから。
『寝てflair


   爆笑sign03
   この話に合わせて、画面下に『リーダー大野、本番テンション』という表が(笑)。
   フォーリングパイプ⇒チョイス。ピンボールランナー⇒休憩。ジャンピングシューター⇒見学。クリフクライム⇒upupup。決勝⇒休憩


『これ・・・』
『これ普通に~~~~~』←聞き取れずbearing
『(嵐みんな)同じだけギャラもらうからねcoldsweats01
『サポーターどぉしますか??』
僕行きますsign01
じゃあ僕も行きましょうsign01
いや、断りますpaper
『いやいやいやいやsweat01
『ここは二宮くんで。』
『おいおいおい、俺・・・ちゃうちゃうsweat01俺もぉだからテンション上がってんの。ピンボールやって、シューターで・・・』
『だからそこ休んでてっつったじゃんsign03
『一回休もう、一回休もうcoldsweats01
『休んでてっつってんのsign01
『ニノがサポートして、ニノのサポートしなよ。』
『あー。』
『あーflair
『新しい。』
『あぁflair
『頑張れ頑張れって。』
『わかったよflair
『じゃあそぉしよ。』
『そぉしよぉよ。』
『その3人でいきます。』
『もぉ一回、クリフクライムあります。これ最後のクライム。』
『誰がのぼるか。』
『ちょっとさ、クリフクライムのラストからさ、先はちょっと(本番中)考えない??coldsweats01
『(笑)。』
『ちょっと雰囲気みない??coldsweats01
『なるほど、まぁまぁそぉだよね。』
『まぁね。』
『雰囲気みてでもいいよ。最後・・・』
『雰囲気みたほぉがいいよ。』
『最後の戦いだしね。』
『点差とかも色々あるしね。』
『逆に、逆にローリングコインタワーやりてぇ俺sign01って人いる??』
『・・・そんなみんなやりたいでしょーが、だって。』


   爆笑sign03
   潤くん、まちゃきの頭をバシッpaper


『お前なんでそんな引いてんだよcoldsweats01お前それドン引きだったよ、今coldsweats01
『(笑)coldsweats01
『いやぁ、俺はちょっとやりたくないなぁsweat01
『あれ怖い・・・』
『あれ怖いもんなぁcoldsweats01
『怖いcoldsweats01


というわけで、一組はクライマー智くん、サポーター潤くんとまちゃきで、もぉ一組と決勝戦は戦況をみて決めることにflair



『リーダー。本番に向けて、最強王者決定戦に向けて、気合いの、一言。』
『やっぱりね、お金かかってますから。』
『そうです。』
『賞金、200万。阻止しようsign01ねっsign01
スタッフ『・・・・・・・・』
『・・・・・・・・・・う、うん・・・』
『よし、じゃあリーダー、気合い入れて下さい。』
『気合い入れましょう。』
『お願いしますsign01
『気合いだよぉ。』
『よしsign01わかりました。その報告(お金かかってる)はわかったんで・・・なんか円陣とかやります??そっちのがいいですか??』
『円陣やろ。締まらないからね。』
『あぁ、そうですね。よしっ。』


   下から翔ちゃん、まちゃき、智くん、潤くん、にのちゃんの順で手を重ねる。


『よしよし、リーダーお願いします、掛け声。』
レッツゴーsign03オーッsign01


   失笑coldsweats01


『どこに??どこ行く??』
『レッツゴーって_| ̄|〇
『古いぃcoldsweats01
『あの・・・スタジオに行こうよ。』
『あぁ・・・もっともっと、もっと本気で言ってよ。』


   智くん、立ってカメラ目線で指ズームインしながら(笑)、


レッツゴーsign03


   一人でカメラからフレームアウト。
   メンバー立ち上がり・・・


怪我率俺より高いぞcoldsweats01』←ちょっとうれしそぉ(笑)。


   爆笑sign03



と、智くんの大怪我で作戦会議終了です(笑)catface



なんか・・・いつもの打ち合わせとかもこんな感じなのかなーって思いましたwink潤くんが資料持って中心にどっしり構えてて、翔ちゃんが話を進めてたまにおかしかこと言って(笑)、まちゃきがテンションで色々言ってみて、潤くんも面白そうだから乗ってみて、にのちゃんが頭の中でシュミレーションして冷静に分析して、智くんはみんなを信頼しきって流れに身をまかせて(笑)、そんな智くんに潤くんは甘々で(笑)catface


そんな嵐が・・・いや、そんな嵐だから大好きですheart04



VS嵐スペシャルの感想はまたあとでconfidentさらに今更なエントリーになります(笑)coldsweats01




|

« 完全わたくしごとですが・・・ | トップページ | VS嵐最強王者決定戦スペシャルshine »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 完全わたくしごとですが・・・ | トップページ | VS嵐最強王者決定戦スペシャルshine »