« スマイル☆ | トップページ | もぉ・・・みんなかわいいよぉ≧▽≦ »

2009年3月17日 (火)

3月14日のVS嵐☆

先週のVS嵐のレポですflair

ていうか、お友達にダビングしてもらった、この前録画に失敗したVS嵐が再生できませんshock対応ディスクなのに・・・レコーダーでもPCでも観れませんshockなんでだろ・・・bearing




『今日は、ホワイトデーとflair・・・いうことですhappy01
『ホワイトデーcatface
『ホワイトデーですhappy01ちゃんとあれですか??皆さん、お返しとかするんですか??』
『そりゃ頂いたらしますよ。』
『そりゃ頂いたらしますよ。』
『そりゃ頂いたらしますよcatface
『お返しの定番て何??ホワイトデーflairやっぱキャンデー??・・・キャンデーっつった(爆)coldsweats01


   爆笑sign03
   手を叩いて満面の笑顔で翔ちゃんを見る潤くん。
   右の口角に舌を出す翔ちゃん。


『昭和の香り・・・昭和の香りがcatface昭和の香りがするなcatface
『キャンデーcoldsweats01
『キャンデーじゃない??catface
『大野さんとかはどういうもの渡すんですか??』
『あれホワイトチョコじゃないの??』


   爆笑sign03


『あ、チョコもらったからホワイトデーにはホワイトチョコを返すと。』
『え、じゃあホワイトチョコをもらったらどうすんすか??バレンタインにcatface
『そしたら普通の茶色いチョコレートを・・・coldsweats01


   爆笑sign03



てなホワイトデートークの後、お呼びしたゲストはベッキーさんと勝俣州和さんですflair



   大歓声shine


ベッキー『ありがとぉぉぉぉぉnote
『いやぁ、もぉねぇ、』
ベッキー『楽しいぃぃぃhappy02up
『ベッキーだぁhappy01
ベッキー『はいhappy01
『ねぇhappy01よろしくお願いしますhappy01
ベッキー『よろしくお願いしますhappy01


   拍手shine


勝俣『すいません、また遊ばせてもらって景品までもらって・・・ありがとうございまーすhappy01
『いやいや。』
『前は、確かに僕ら弱かったです。』
『そうだ。』


   ※昨年9月、勝俣さんは嵐に勝ってます。


『あの頃。』
勝俣『めっちゃ弱かったよcatface


   爆笑sign03


『こないだと違うから、今は。』
『それ(弱かったの)は認めます。』
ベッキー『最近でも勝ってばっかで調子のってるってスタッフさんが言ってましたよ。』


   爆笑sign03


『言ってないよsign01
勝俣『だから弱い相手ばっか組んでるわけですよ。』
ベッキー『あ、そういうことかぁcatface
勝俣『ね。』
『今日は何も持って帰らせないですよ、勝俣さん。』
ベッキー『いやいやいや。』
勝俣『僕が出なくても勝てますよcatfaceベッキーのみでcatface


   余裕の表情で手をヒラヒラさせるベッキー。


『あ、じゃぁベッキーさんのみでじゃぁお願いしてもよろしいで・・・』
ベッキー『それはやめて。』


   爆笑sign03


ベッキー『いちを2人でやらせて。』
『2人でやりますか??わかりました。チームワークがねflair



というわけで早速最初のゲームですflair


1つ目のゲームはクリフクライムcatface


先攻はゲストチーム。クライマーがベッキーで、サポーターが勝俣さんです。



伊藤『さぁ、ベッキー。』
ベッキー『はい。』
伊藤『自信はありますか??』
ベッキー『なんかあるんですよ。』
勝俣『んー。』
伊藤『ほぉ。』
ベッキー『なんかいけそうな気がする。あの、でも、時間がね、怖いんですなんか焦っちゃうからsweat01
『あー。』
ベッキー『時間のことは全く言わないで。』
勝俣『俺が言いますsign01残り時間何分てflair
ベッキー『言わないでsweat01だから言わないでsign01sweat01


   爆笑sign03


勝俣『え、なんで??』
ベッキー『最後の10秒で焦りたいから、それまでは『ベッキーいいよぉ、まだまだ時間あるよぉ~』って・・・』
勝俣『『早すぎるよぉflair早すぎるよぉflair』みたいなhappy01
ベッキー『そうそうそうそうflair
勝俣『早すぎるよぉみたいなflair
ベッキー『早すぎるよぉ・・・気持ちが大事だからcatface
『プレッシャーに弱いんだ??』
ベッキー『そんなことないsign01sweat01強いよsign01


   爆笑sign03
   えっ??って顔の潤くん。


『弱いでしょsign02弱い証拠でしょcatface
ベッキー『強いよsign03
伊藤『さぁ、制限時間は60秒。』
ベッキー『ちょっと待ってsign01ちょっと待ってsign01・・・声出させて・・・・・アァァァァァァァァッsign03sign03sign03


   爆笑sign03


勝俣『(爆笑)sign01
『弱いじゃん、全然catface


   ベッキーに近寄る潤くん。


『ベッキー??』


   潤くん、ベッキーの肩に手を置いて顔覗き込んで、


『ベッキー、どうしたの??』


   ベッキー、1歩下がって潤くんから離れながら、


ベッキー『大丈夫大丈夫sign03sweat01
『え??』
ベッキー『プレッシャーに強いんです私。』
『大丈夫なんだよね??強いんだよね??』
ベッキー『大丈夫です。全然大丈夫sign01
『絶対弱いよcatface弱い証拠だよぉcatface
ベッキー『全然大丈夫sign01sweat01
勝俣『大丈夫sign01


   ベッキー、手をパンッと叩いて、


ベッキー『ッシューsign01
勝俣『オッケーsign01できるぞぉsign01
ベッキー『できるsign03
勝俣『できるぞぉsign03



と自己暗示をかけてスタートですflair


最初、下のほうの10ポイントを全て取ります。
その後、30ポイントを押したつもりで押されてなかったり、届く範囲のボタンを見逃してたのを、サポーターの勝俣さんではなく潤くんが指示を出して教えてあげます。
そして、女性クライマーのハンデの50ポイントもGET。
残り時間はまだ少しあったものの、190ポイント取ったところで上にあがり、残り12秒でクリア。トータル290ポイント獲得です。


続く嵐チームはクライマーが翔ちゃん、サポーターがにのちゃんです。


壁を見つめながら何かを考えるにのちゃん。
と、智くんの後ろに隠れる潤くんに矢印が・・・。



伊藤『さぁ、櫻井くん。』
『はい。』
伊藤『ゲストチームは290ポイントとりました。』
『いやsweat01
伊藤『これを上回る自信は??』
『かなり高得点ですねぇsweat01でもぉ・・・追いつきたいなぁとは思ってます。』
智?『頑張れぇsign01油断するなよsign01頑張れぇsign01


   爆笑sign03
   ゆっくりと二度見する翔ちゃん。


智?『緊張すんな、頑張れぇsign03


   爆笑sign03
   智くんの後ろで声を出す潤くんと、それに合わせて動く智くん(笑)catface


『あれ??大野さん声が・・・』
智?『いけるぞいけるぞhappy01


   爆笑sign03


智?『緊張すんなよぉhappy01
『ありがとぉ。なんか声・・・』
智?『いつも通りやればいけるからな。』


   爆笑sign03


『・・・ありがとうございます。』


   拍手shine


『声変わった??』
智?『自分を信じてな。』


   爆笑sign03


『ンフフフcatface
『作戦とかなんかあります??』
智?『真面目にやれ。』


   爆笑sign03


『さすがリーダー、言うこと違うなぁhappy01
『怒られちゃったcatface怒られちゃったねcatface翔さん翔さん。』
『はいはい。』
『これもぉ10とかね、』
『ん。』
『とらないで、』
『ん。』
『30全部とって、』
『ん。』
『50とって(クリアボタン)押したら300点なんです。』
勝俣『おぉshine


   客席『おぉぉぉshine


勝俣『押せるのに、無視していくんだ??』
『無視してあがっちゃうcatface
勝俣『かっこいいshine
『オッケェおっけぇupそれいこぉhappy01
ベッキー『よぉぉshine


   拍手shine


伊藤『さぁ、果たして櫻井くんはどんな作戦に打って出るんでしょうか。』



とかっこいい作戦が決まったところでゲームスタートflair


登り始めていきなり・・・手堅く10ポイントを全取りします(爆)coldsweats01
その後、グリップを要求しますが、にのちゃんが投げたタイミングにみていませんcoldsweats01
思わず潤くん、『早くぅsign03と叫びますcoldsweats01
残り10秒で獲得ポイントは110ポイントcoldsweats01
足の位置はまだ10ポイントボタンの辺りcoldsweats01
その後、ねずみ返しの横に入りこみ、ねずみ返し部分も30ポイントをGET。
そのまま上の手すりに手をかけますがタイムオーバ(笑)coldsweats01
しかも、場所が場所だけにいい感じでカメラから隠れてます(笑)good
しかも無表情というかどこか寂しそうな表情というか若干スネたような表情というか(爆)catface



伊藤『ゴール手前。ちょうどねずみ返しの脇。櫻井翔、全く身動きができません。』


   爆笑sign03


『ねぇねぇねぇdashねぇdashちょちょちょっと上、上向いてごらんよ、あなた。』


   表情を変えずに上を向く翔ちゃん(カメラ目線)。
   爆笑sign03


『あなたそこ手ついてるでしょ??』


   頷いてから振り返り潤くんを見る翔ちゃん。


そこ休憩ポイントじゃないんだよ。


   爆笑sign03


『翔さぁん、かっこわるすぎるぜぇ。』
ベッキー『10点押さないって言ってたのに・・・』
勝俣『なぁ。』


   ちょっと泣きそうな翔ちゃん(笑)。


ベッキー『なんか・・・ひど・・・』
勝俣『10点だけキレイに全部押して。』
ベッキー『ほんとぉ。』
『30全部押したら超かっこいいって言ってたのにねぇcatface
『逆、逆それcoldsweats01



と、翔ちゃんはねずみ返しの休憩ポイントでスネたまま次のゲームへ(笑)coldsweats01



次のゲームはローリングコインタワーflair


嵐チームからは智くんとまちゃきcatface
順番は智くん→ベッキー→まちゃき→勝俣さんです。



伊藤『さぁ、ベッキー。』
ベッキー『はい。』
伊藤『こういったゲームは得意ですか??苦手ですか??』
ベッキー『得意ですflairこれ大丈夫だと思います。テレビでいっぱいみてるからhappy01


   爆笑sign03


『へぇ~、じゃぁ研究済??このゲーム。』
ベッキー『そうそうそう。どんどんイジワルすればいいんでしょ??』
『あっ。』
『あっ。』
『おぉhappy01見れちゃうの??ブラックベッキー??』
ベッキー『出しちゃおうかなぁcatface
『出しちゃうのぉ??happy01
ベッキー『ブラッキーだしちゃおうかなぁsmile


   爆笑sign03


『“ベッキー”にかけて??』
ベッキー『うん。』
『ブラッキー(笑)happy01
『でもこれ、仕掛けると、一つ後の勝俣さんのとこでその仕掛けが崩れちゃう可能性ももちろんあるよ。』
勝俣『いや、わかります。どういう方面でけ・・・仕掛けたのかは・・・』


   爆笑sign03
   テロップ:本日不調?


『どうしたんすか??』
ベッキー『あれかっこつけようとしないでdash噛むから。』
勝俣『(笑)coldsweats01いや、ベッキーがどういう方面でこうねら、狙ってるのかそこの危険度を増やして・・・』


   勝俣さん、智くんを指さして、


勝俣・ベッキー『うわうわうわうわ。』


   爆笑sign03
   智くん、キョトン。


勝俣『ここ(智くん)で崩れます。』


   爆笑sign03


『大野さんでcatface
ベッキー『もう予言しときます。ここで。』
そんなこと言わないでsign01
勝俣『(笑)happy01
・・・喋ったsign02


   爆笑sign03&拍手shine


勝俣『あっshine
ベッキー『喋ったshine
勝俣『心がsign01心が生まれたshineアンドロイドにshine
『そ・・・そういうことあんまり言わないでもらえる??』


   爆笑sign03


伊藤『嵐チームとしては是が非でも勝ちたいところ。相葉くん。』
『はい。今だって100点以上差がついてますんで、ここは必ずとりにいきます。僕、長年やったコインタワーの・・・』
ベッキー『長年(失笑)??』
『相葉さんcoldsweats01
『技術を、』
まだ番組1年・・・
『あ、1年??coldsweats01


   爆笑sign03


『1年やった技術を大いに発揮したいと思いまぁすhappy01



と、それぞれのチームが勝利宣言してゲームスタートですflair


【1周目】
全員⑩を3枚で、みんないきなり仕掛けますが、特にベッキーとまちゃきは大きくずらしていきます。


【2周目】
冷静に⑩を3枚重ねる智くん。続くベッキーは最後の1枚を⑤にして仕掛けます。バランスを見極めながら⑩を3枚のまちゃき。そして早くも弱気に③を3枚の勝俣さん。


【3周目】
智くんは、スペシャルの時のように⑩⑤③とそれぞれ1枚づつ積んで仕掛けます。ベッキーは⑤⑤⑩とまだまだ強気。まちゃきは⑤⑤③と慎重に重ねます。勝俣さんはやっぱり③を3枚。クリアした後、智くんで崩れるように『ドォ~ンsign01』とタワーに気合いを送ります。


【4周目】
智くんは⑤⑤③。乗せた後、向いのまちゃきをみて『やばいcoldsweats01』と言って笑います。ベッキーは慎重に⑤③③。まちゃきは揺れてるタワーに顔をしかめて首を傾けながら⑤⑤③。勝俣さんは③を3枚。もう、いつ倒れてもおかしくありません。


【5周目】
智くんは⑤③③。ここでまだ⑤を使うあたりさすがです。ベッキ-は③を3枚、まちゃきも③を3枚。勝俣さんも③を3枚・・・ですが、3枚目を乗せた時にタワー崩壊sign03


ボーナス100ポイントは嵐チームですshine


まちゃき、智くんに駆け寄り両手でハイタッチ。
そのまま両手を横にする2人・・・まちゃきの右手と智くんの左手は恋人つなぎheart04



伊藤『おっとベッキーが怒っている。ベッキーが怒っている。』
『どうした、ベッキー。』
ベッキー『噛むしさぁ、倒すしさぁ、全然ダメじゃないdash


   テロップ:やっぱり絶不調?


『リアルに怒られてるよ、今。』
『本気だよ、これベッキー。』
勝俣『俺さっきの登るやつあるじゃん??何にも参加した気がしなかったのね。』
ベッキー『(笑)coldsweats01
勝俣『だから頑張ろうと思ったの。みてこの結果(崩壊したコインタワーの残骸)。ハッハッハッハッハッハッハッハッハッcoldsweats01sign03



と、勝俣さんも若干崩壊したところで(笑)、最終対決へflair



最終対決はフォーリングパイプcatface


最初はキャッチが潤くんでチョイスが勝俣さんです。



伊藤『松本くん。』
『はい。』
伊藤『勝負どころです。』
『はい。』
勝俣『たぶん松本くんは僕を読んでるんですよ。』
ベッキー『はぁ。』
『ふぉ。』
勝俣『僕はこんな押し方するだろうなってたぶん読むんですよ。』
『なるほどねcatface
勝俣『その真逆いきますsign01
『僕はもう、大体予想がついてます、今。どこ押すか。』
ベッキー『へぇ。』
『勝俣さんがそこに行った瞬間に動いたんですよ、目が。』
『はぁ。』
『で、そこ見てたんで、そこに来んじゃないかなと。』
ベッキー何の会話、これsweat02


   爆笑sign03


ベッキー『そこにとかあそこにとかsweat02
『たぶん2人にしかわかんないように何かあるんだろうね??』
ベッキー『よくわかんないんだけど、うん。』
勝俣『そこにいくと見せかけて真逆いきます。』
ベッキー『(笑)coldsweats01
『それもう答え言っちゃってるじゃないすかcatface


   爆笑sign03


伊藤『では勝俣さん。落とすパイプを2つ選んで下さい。』
勝俣『オッケェsign01


   ランダムにボタンを押しまくる勝俣さん。


ベッキー『わぁ~おup
勝俣『オッケェェェェェェェェェsign03sign03
ベッキー『うおぉ~up


   拍手shine
   勝俣さんのチョイスは③④。


『②③か③④だと思います。』
勝俣『すげぇsign02


   正直すぎる勝俣さんを見るベッキー。
   爆笑sign03
   ③と②の間に両膝をついて座る潤くん。


伊藤『その位置でよろしいですか??』
『(メンバーに)一本捨ててもいいすか??』
『ダブルキャッチ狙う上で一本捨てるのが必要だったら一本捨てたほうがいいと思いますよ。』
『そうすっと、リアルに(カメラに)背向けますけど、僕。』
捕った時に振り向いて笑ってくれればconfident


   爆笑sign03


それで『大好きheart01』とか言ってくれればねhappy01


   爆笑sign03


伊藤『点差はわずかに11ポイントです。』
『懐かしいわhappy01
『懐かしいcatface



うん・・・きっと嵐ファンの中には『大好きheart01』が何のことか知らない世代もいますよね(笑)
coldsweats01で、潤くんはメンバーの温かい言葉(??)を受けて、①に背中を向けてゲームスタートですflair



勝俣『松本くん。』
『はい。』
勝俣『こっち向いて。』
『いや、無理ですよ今。』
勝俣『こっち見てよぉちょっとでいいからぁ。』
『えっ??』
勝俣『ちょっとでいいから、これ誰だ??』


   と上げたパネルの写真は、デビュー当時の潤くんのアーティスト写真wink
   客席『きゃぁぁぁぁheart04



ボタンポッチッflair
④はスルー右手で③を掴んで振り向く潤くん。



伊藤『それでも掴んだ100ポイントォsign03
勝俣『すげぇshine


   写真を掲げて歩く勝俣さん。
   写真を見上げるメンバーと、上で若干状況飲み込めない潤くん。


伊藤『とてつもない写真を持っていたぁsign03


   拍手shine


『ていうか・・・なにしてんすかcoldsweats01annoy


   爆笑sign03


勝俣『10年前の写真を手に入れたんで。』
ベッキー『わっかーい。』
『でもそれをもってしても松潤は100ポイントとりましたけどねcatface


   爆笑sign03


ベッキー『下手なんだよdash言い方とかなんかさぁdash
勝俣『(笑)読まれてたもんねcoldsweats01
ベッキー『読まれてたし、③④dash
『そうなんだよねぇ。』
ベッキー『で、それ読みましたって言ったらすげぇshineっていっちゃうんだもんdash


   爆笑sign03


『素直、素直、超素直。』
ベッキー『子供なんだよ、もぉdash
『素直すぎcoldsweats01



続いての対決はキャッチがベッキー、チョイスがまちゃきです。



ベッキー『えぇやだsweat01相葉くんチェンジsign01
『おいsign02


   爆笑sign03


『だめ、チェンジしないよぉ。』
ベッキー『やだぁ。』
『相葉くんとベッキー、どれくらい番組一緒になってるんでしたっけ??』
ベッキー『4、5年・・・』
『4、5年くらい。』
勝俣『えぇsign02
『だからもうね。』
『一緒ですよ。深いところまで知ってますから。』
『知ってるんですよ。』


   客席『おぉぉぉぉhappy01


ベッキー『意外とそうでもないんすよ。』
『おいsign02


   爆笑sign03


『あっさーいとこまで??』
ベッキー『あっさーいcatface
『じゃあ出しちゃうよcatfaceそういうこと言うと、いいのcatfaceゆっちゃうよ??smile
ベッキー『やめてくれ・・・sweat01


   爆笑sign03


ベッキー『それはやめてくれ・・・』
伊藤『では、落とすパイプを2本選んでください。』
『出しちゃってくださいよsmile
『出しちゃいますよsmile
『出しちゃいましょう、今日はsmile
『動揺するようなsmile
ベッキー『やだ、やめてぇsweat01こわいよ・・・よし、負けない。』
『決まりました。』


   まちゃきのチョイスは②と③。


伊藤『さぁ、パイプチョイスは完了しました。ベッキー。』
ベッキー『・・・①②でしょ??』
『じゃあもぉちょい前来たら??①②捕りやすいんじゃない??前来たらcatface
ベッキー『くぅ・・・annoy
腹たつでしょ??catface


   爆笑sign03


ベッキーよくさぁ、10年も一緒にやってるよ。
『おいsign03


   ここでにのちゃんが何か言ってるけど、拍手に消されて聞こえませんsweat01


ベッキー『ホントすごい。』



ベッキー、まちゃきがチョイスしている③に背を向けたままゲームスタートflair



『ベッキーさぁ、』
ベッキー『はい。』
『(体重)39キロって本当??』
ベッキー『あっsweat01


   客席『えぇぇぇぇぇぇぇぇsign02shocksign02shock


ベッキー『なんかインターネット上ではそうなってんだけど違うんだよ。』
『あ、違うの??ほんとは。』
ベッキー『43キロ。』


   客席『えぇぇぇぇぇぇぇぇsign02shocksign02shock


『へぇ~。ベッキーさぁ、』
ベッキー『はい。』
『英語喋れないって本当??』
ベッキー『(苦笑)coldsweats01



ボタンポチッflair


③はもちろんスルーですが、右手で②をキャッチ。



伊藤『掴んだベッキー、100ポイントォsign03


   拍手shine


勝俣『すげぇshine
『すごいsign01
伊藤『嵐チーム松本くんに続いて、なんとゲストチームベッキーも100ポイントを掴みましたぁぁぁsign03


   拍手shine


ベッキー『ヤッタァup



続いてのキャッチはにのちゃん、チョイスはベッキーです。



伊藤『10ポイント以下ならば、その時点でゲストチームの勝利。20ポイント以上掴む必要があります。』
ベッキー『よし。』
伊藤『ではベッキー。』
ベッキー『はい。』
伊藤『落とすパイプを2本選んでください。』


   ボタン・・・というより台」をランダムにリズムよく叩くベッキー。
   そのノリに『ホイィィィup』と乗るメンバー。


ベッキー『アワワワワワワワワ。』
勝俣『ホォォォォォォォォ。』


   片手を上にあげて、もう片手を口に当てながら踊り始めるゲストチーム。


『選んでくださーいsign01選んでくださーいsign01


   チョイスするベッキーの横で、ランダムに組み合わせを言い続ける勝俣さん。


『④⑤ないからねcatface
伊藤『さぁ、決まったら教えて下さい。』
ベッキー『はい。決まりました。』


   ベッキーが選んだのは①③。
   斜め下を見つめるにのちゃん。


『これポジションはどこなんでしょうね。』
『難しいよね。』


   まだ踊ってるベッキー(笑)coldsweats01


『でもどこなんだろ??ここかな??』


   ①と②の間の方を向いて真ん中にお尻ついて座って、右足は前に、左足は膝を曲げてるにのちゃん。
   手を前後にして、各ポールを触って確認します。
伊藤『さぁ、その場所でよろしいですか??』
ベッキー『いいの??』
勝俣『すげぇ、どこでも捕れちゃうじゃん。すげぇshine


   客席『おぉぉぉぉshine


勝俣『オランウータンみてぇ。』
ベッキー『ねぇ。』


   爆笑sign03


ベッキー『檻の中のオランウータンみたい。』
勝俣『オランウータンみたいだよ。』


   にのちゃん、さらに手を前後左右してポールを触る。


勝俣『ほら、オランウータンだよ(笑)happy01オランウータンだ(笑)happy01


   拍手shine


伊藤『さぁ、二宮くん。』
『はい。』
伊藤『そのポジションでよろしいですか??』
『(ハニカミながら)いいともhappy01sign01


   客席『イェ~イup』&拍手shine


ベッキー『番組違いますよぉ。』



そんなにのちゃんを、メンバーが温かく見守るなか(笑)ゲームスタートflair



ベッキー『二宮さん、最近ゲーム屋さんに行って、』
『はい。』
ベッキーマジック披露してるみたいですねぇ。』


   爆笑flair


『そうですねぇ。』
ベッキー『あの、みんなゲーム買いに来てるんで、別にマジック見たいわけじゃないんで・・・』
『そうですねぇcatface
ベッキー『ちょっとやめてもらっていいですかねぇ。』
『それじゃぁ・・・』



ボタンポチッflair


ダブルキャッチshine
右手は30ポイント、左手は20ポイントダブルキャッチボーナスと合わせて150ポイント獲得ですshine



そして最後の対戦は、キャッチが勝俣さん、チョイスが智くんです。



伊藤『勝俣さんが140ポイント以上キャッチすればゲストチームの勝利。130ポイント以下ですと嵐チームの勝利となります。』
勝俣『ここに立ってわかったことがある。』
ベッキー『なに??』
勝俣『やっぱあのオランウータン作戦いいんだね。』
『(笑)happy01
『実はcatface
勝俣『こう待ってて(③④)、こう(①②)いけんだよ。』
ベッキー『なんかでも硬い、動きが。』


   爆笑sign03


ベッキー『やっぱアラフォーの動きっていうか・・・』
『アラフォーの動きだねぇcatface
勝俣やっぱCHA-CHAと嵐の差かな??coldsweats01


   爆笑sign03


伊藤『さぁ、では大野くん。』
『はい。』
伊藤『落とすパイプを2本選んで下さい。』
ベッキー『大丈夫、大丈夫。』
『あいっsign01


   ①と④をチョイスした智くん。


勝俣『①②を押したなsign03


   失笑coldsweats01


『すごいコント仕立てできたcoldsweats01
『どう返す??』
『どうすんだ??』
『どう返す??』
・・・・・はい。
『張り合いが・・・張り合いがないcoldsweats01
伊藤『さぁ、すでに駆け引きが始まっています。』
『なんて張り合いがない相手なんだ、これcatface


   爆笑sign03
   真ん中で右ヒザをついて、左足はヒザを90度で前に出して座り、両手を前から後ろに振りながら上を見る動作を繰り返す勝俣さん。
   客席『ほぉ~うhappy01』&拍手shine


ベッキー『そういうのいいから、本当にdash


   爆笑sign03


ベッキー『もっと現実的に、本当にdash



と怒られたところでゲームスタート(笑)catface



   1枚のパネルをあげる智くん。


『勝俣さん。』


   客席『キャァァァ(笑)happy01
   勝俣さんの海パン姿の写真(CHA-CHA時代)camera


『勝俣さんhappy01
『みてhappy01
『みてhappy01
『こっちみてcatface
勝俣『なに??』
『これみてhappy01
『一瞬みてcatface


   一瞬見る勝俣さん。


ベッキー『見ないほうがいいsweat01
勝俣『うわぁsweat01


   爆笑sign03


勝俣『何それsweat01足痛いsweat01
『勝俣さんhappy01


   もう1枚パネルを出す智くん。


『勝俣さんhappy01
『ほら、もっかいみてcatface


   なんか・・・南国かな??細めの木の付け根に両足かけて、左手で木をつかんで、ヒジ伸ばして、右手上げてる上半身裸の写真(笑)coldsweats01


『これみてぇhappy01
『違うのだよ、違うのcatface
ベッキー『見ない・・・』
勝俣『うわぁぁぁsweat01



ボタンポチッflair


斜め後ろにしていた左手で④をキャッチ、20ポイント。でも①はスルーでダブルキャッチならず。
嵐、笑顔で拍手2枚のパネルをお客さんに見せる智くんとにのちゃんcatface



勝俣『ずるいsweat01ずるいよぉsign02
『ずるくないよsign01



と、嵐の勝利ですupupup



エンディングトークflair



2枚のパネルを持たされてる勝俣さんcatface



『勝俣さん、まずはこちらは??』
勝俣『えっと、ベッキーさんが望んでいた景品の・・・』
ベッキー『いりませんpaper


   爆笑sign03


ベッキー『本当にいりませんpaper派手派手なね、ナ○キの靴が欲しかったのにぃ・・・』


   ベッキー希望の靴を手にとって興味深そうに見る潤くん。


『ナ○キはあげられないけどCHA-CHAならあげられるけど・・・』


   爆笑sign03


勝俣『ほら(写真を回転させて、体のラインが)ナ○キ、ナ○キみたいflair
『ナ○キっぽい(笑)coldsweats01
ベッキー『ナ○キ(笑)coldsweats01
『比べてみsign01比べてみsign01


   ベッキー、靴を手にとり写真と並べて、


『ナ○キだよcatface
『ナ○キだcoldsweats01
勝俣『ナ○キです(笑)happy01
ベッキー『カーブの感じが一緒だわcoldsweats01


   爆笑sign03


『もらっちゃいなよ、もらっちゃいなよcatface
『ナ○キマニアなら、ナ○キマニアならcatface
勝俣『ナ○キバージョン。』
ベッキー『じゃあもらおっかなぁcoldsweats01


   爆笑sign03


『おめでと、おめでとcatface



と、ベッキーが商品をGETして終了しました(笑)happy01






|

« スマイル☆ | トップページ | もぉ・・・みんなかわいいよぉ≧▽≦ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スマイル☆ | トップページ | もぉ・・・みんなかわいいよぉ≧▽≦ »