« 幸せな時間。 | トップページ | ここ4日間。。。 »

2009年3月25日 (水)

3月21日のVS嵐☆

先週のVSのレポですnote

今日の本業が15時終了予定がなんと午前中に終わりましてgood

_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!

雨が降る前にと1時間前倒しで始めたにしても早くてウキウキnote

帰ってきてもちろんすぐにDVD(笑)heart04

そんな中、まだUPしてなかったこれの下書き発見(爆)coldsweats01

DVD観ながら編集なんで・・・おかしなとこあったらすみません(笑)c(>ω<)ゞ




『さて、本日のゲスト、嵐のメンバーもドラマで共演したことがあるとflair
『おっ。』
『おっ。』
『おっ。』


   客席『おぉ~。』


『つまり俳優の方ですね。』
『おぉ(カンペに)イケメン俳優って書いてあるじゃん。』


   客席『えぇぇぇぇぇぇぇhappy02heart04


・・・・・・・・・・。
『イケメンて(苦笑)coldsweats01
みんなどんだけイケメン好きなのよcatface


   爆笑sign03


『すげぇリアクションだcoldsweats01
『ワーキャー言ってcoldsweats01
『イケメン好きなんだ、やっぱ。』
『イケメン・・・まぁイケメンだcatface
『そしてもう一方、芸人さんなんですが、』
『はい。』
『映画監督もやられてると。』


   客席『あぁ~・・・』


『すげぇ。・・・そっちはあんま興味ないみたいだねcatface


   爆笑sign03


『でも、なんか今感づいたんじゃないの??『あぁ~』ってことはねflair



というわけで、ゲストは品川庄司の品川ヒロシさんと、成宮寛貴さんですconfident
なんと成宮さん・・・上下ヒョウ柄のジャージですΣ(・ω・ノ)ノ!



『もう異様な興奮にお客さんつつまれてますからね、これ。』


   爆笑sign03


品川『あの・・・出る前からちょっとだけ俺のテンション下げるのやめてくれる??』


   爆笑sign03
   テロップ:監督テンションdowndown


『下がりました??catface
『さが・・・。』
品川『下がりますよぉ。』
『下がりました??catface
品川『求められてないところに出てくる感じね。』


   爆笑sign03


『そんなことないですよ。』
『でも、映画監督って言ったら『あぁ~』ってみんながわかりましたからね。』
『そうそうそう。早かった。』


   客席『おぉ~shine』&拍手shine


成宮『(テンション)上がった??』
品川『いや、でもね『あぁ』の時のかんじが『あ~heart01』じゃなくて『あぁ~・・・』みたいな・・・』
『そんなことないcatfaceそんなことないよcatface
『お二人はその、映画で、』
成宮・品川『はい。』
『ご一緒なわけですよね??』
品川『そうです。』



ここで映画『ドロップ』の紹介VTRが流れました。



『成宮さんは嵐のメンバーは、』
成宮『はい。』
『松本くんと、』
『はい。』
『二宮くんですね。』←この時、にのちゃん挙手paper
『そうですそうです。』
『でご一緒してるという。』
成宮『そうです。』
『もうねぇ、なんかそのジャージみてねぇ、久々思い出した感じcatface


   爆笑sign03


『成宮寛貴だなっていうのもぉ・・・久々これで思い出しましたよ、俺catface
『どういう感じなんですか??普段もこういった感じなんですか??』
『そう、なんかね、(派手なのが)好きなんですよこういうやっぱ派手なの・・・』
『派手な服がね。』
『そう。』


  客席『へぇ~。』&『えぇ~。』


成宮『でも、これはちょっと今日は『ドロップ』仕様に・・・』
『おっ。』
成宮『なってます。』
『どこが??・・・ですか??』
成宮『いや、ちょっと不良っぽいかなーってcoldsweats01


   爆笑sign03


『ヒョウ柄のイメージでしょ??』
成宮『そうそうそうそう。』
『ヒョウ柄がねcatfaceヒョウ柄がねcatface
品川『あの、こんな衣装1回もないからねcoldsweats01


   爆笑sign03


品川『“不良っぽい”っていう意味。』



なんか・・・成宮くん面白そうだぞ(爆)catfaceという空気が出たところで早速最初のゲームですbleah
ていうか・・・櫻井さん・・・・・確かにからみはほぼなかったけど・・・・・成宮くん、キャッツに出てるよぉーってcoldsweats01paperアニの弟役で出てるよーってcoldsweats01paper佐々木写真館で夜中にキャッツ5人の写真撮った弟の純だよぉーってcoldsweats01paper



最初のゲームはジャンピングシューターflair


今回もスペシャルの時のように60秒間投げ続けるパターンですflair
先攻はゲストチーム。嵐チームは、上のゴールがにのちゃん、下のゴールが智くんです。



伊藤『品川さん。』
品川『はい。』
伊藤『36歳。』
品川『36歳。』


   客席『えぇ~wobbly


伊藤『36歳の芸人の方々(ケンコバさん・宮川大輔さん)、このゲームでかなり死んできました。』
品川『みてます。』


   爆笑sign03


品川『みてます、みてます。あの・・・みんなあの、(酸素)シューってやってました。』


   爆笑sign03


品川『はい。』
『結構辛いですからね。』
品川『僕、でもスポーツジム行ってますから。』
『あっ。』


   客席『おぉ~shine


『走ってんすか??』
品川『走ってます。あの・・・1回行く度に10キロ走ってます。』
『えぇsign02
成宮『おぉshine
『じゃぁ大丈夫・・・』
『じゃあ全然大丈夫ですよ。』
品川『あんなね、あの、ケンコバさんとか大輔さんとかと一緒にしないでください。』


   爆笑sign03


伊藤『さぁ、ゲストチーム成宮さん。』
成宮『はい。』
伊藤『作戦は何かありますか??』
成宮『えぇ・・・・・・予想外な展開でこぉ・・・・・・あの・・・わからないような感じで・・・』
あれバカだぞcatface


   爆笑sign03


『あれバカだぞcatface
品川『バカじゃない、バカじゃないの。』
『あれバカでしょcatface
品川『シャイなのsign01


   爆笑sign03


『予想外な感じってなんすかcoldsweats01
成宮『作戦何かありますか??監督coldsweats01
品川僕2個づつ投げるから。


   客席『おぉ~flair


品川『こう1個にまとめて投げる分には、結構入ると思う。』
『なるほどなるほど。』
『おぉ~shineそれみたいhappy01
『新しい。』



ということでゲームスタートflair


品川さんの作戦はいきなり止められてました(爆)。
基本2人とも下狙いなんですが・・・・・成宮くん・・・ボールが壁を越えません(爆)coldsweats01
それをみて爆笑する、嵐控えの3人。
9割りが壁に当たって跳ね返り、それを拾ってジャンプせずに投げいれますcoldsweats01
しまいには、戻る時にトランポリンにつまづいて転びますcoldsweats01
それでもなんと、15ゴール・450ポイント獲得です。



『いやぁ~、品川さん。作戦ダメでしたねぇ。』


   爆笑sign03


『全然ダメですよぉ。』
『全然入ってなかったですよ。』
品川『あの・・・2つこうパーンッって・・・割れるイメージだったんすけど・・・2つのボールが・・・』
『全然とめられなかったよ・・・』←話聞いてない子(爆)
品川『全く同じ方向にcoldsweats01


   爆笑sign03


『成宮くんもねぇ、いっ・・・壁に当てるはぁ、最後だってジャンピングシュターっていうか普通のシューターだったでしょsign02



そして続いての嵐チームの攻撃は翔ちゃんとまちゃきゲストチームは上のゴールが品川さんで下のゴールが成宮くんです。



『品川さんと一緒のように2つ、あっsign01俺3つやろflair3つ持とsign01
品川『ちょっと待てよぉsweat01


   爆笑sign03&拍手shine


『3つ持つ。』
品川『ずりぃ。もうパクってんじゃん。』


   爆笑sign03


『ちょっと・・・ちょっとプラスしてねflairのせて3つでやりますわ。』
『品川さんあんま成功してなかったのになんでそれより上を狙おうとするんですか??』


   爆笑sign03


『大丈夫、なんかいけそうな気がするhappy01
『いけるのか??』
伊藤『成宮さん。』
成宮『はぁい。』
伊藤『体力大丈夫ですか??』
成宮『はぁい。』


   爆笑sign03


伊藤『止めますね??』
成宮『止めますhappy01
伊藤『期待しております。』
成宮『はぁい。』
伊藤『品川さん。』
品川『はい。』
伊藤『大丈夫ですか??』
品川『大丈夫です・・・。』
伊藤『まだなにか・・・ハァハァ音が聞こえますけども。』
品川『いや全然大丈夫っすよ・・・・・・。』
『・・・(笑)ダメそぉcoldsweats01
『全然しゃべらないcoldsweats01
品川『いや、全然大丈夫です・・・。』
『ダメそぉcoldsweats01
品川『上はね、そんなに飛んでこないもんね・・・。』
『上、だから指示ですよ、やっぱり。』
品川『指示パターンでしょ??大丈夫です。』
『指示パターンです。』
品川『・・・・・・・・指示パターンでしょ??』


   爆笑sign03


『やっぱ弱ってるでしょ??』
品川『指示パターン・・・指示パターン大丈夫です・・・。』
『弱ってるcatface絶対弱ってるよcatface



そしてゲームスタートflair


結構・・・止められてます(爆)coldsweats01
しかもちゃんとゴール狙われていなくて、上下の間の台に当たったりsweat02
翔ちゃんにいたっては半分の30秒たつ前からしんどそうですcoldsweats01
控え3人は、もう苦笑いcoldsweats01
得点は300ポイントと大きく引き離されますcoldsweats01
ゲーム終了と同時に2人は倒れこみますcoldsweats01
あ、まちゃきは投げてる時、ずっとお腹見えてましたheart04
倒れ込んだ翔ちゃんは肺の辺りに手を置いて・・・・・アイドルの姿ではなかったです(爆)catface
ゲストが戻ってくるまでに3人は翔ちゃんとまちゃきのところに行ってたんですが・・・誰一人手を差し伸べません(爆)catface



品川『成宮くんすごいshine
『すごい。けっこう止めてたね。』
品川『止めてたよぉ。』


   客席『おぉ~shine』&拍手shine


品川『あの・・・全く俺と同じ失敗繰り返してたよね??』


   爆笑sign03


『全然ダメね、あれcoldsweats01全然ダメだけど、行方がわかんないじゃないですか??入ってるかもと思いながら次2個持っちゃたりして・・・』
品川『そうでしょ??』
『結果がわかんないから。』
品川『終わるまで自分の作戦のミスの気付かないでしょ??』
『そうそう(笑)coldsweats01全然気づかないcoldsweats01



続いてのゲームはローリングコインタワーflair


嵐チームからは潤くんとにのちゃんnote
順番は潤くん→成宮くん→にのちゃん→品川さんです。



伊藤『品川さんは2回目の挑戦ですね。』
品川『はい。』
伊藤『前回、覚えてらっしゃいますか??』
品川『前回、はい。楽勝でした。』


   客席『おぉ~shine
   下に前回(昨年5月)品川庄司で来た時の映像。
   前回はにのちゃんがタワー倒してます。


品川『まだこのゲームに慣れてないころだったよね。』
『そうですね。』
『そうです、そうです、そうです。』
『そう、まだ4回目でしたからね。』
品川『あの・・・8連敗かなんかの始まりの次期だったから・・・』


   テロップ:品川庄司チームの負け悲劇の9連敗へ


『そうそうそうそう。』
『そんな前っすか、もう。』
品川『今もう、超強くなってるでしょ??』
『いや、もぉうまいっすよ。(にのちゃんに)もぉ俺ら倒さないよなぁ。』
『倒さないcatface俺しかも、今回ちょっと負けてるじゃないですか??だからもぉ全部使い切りますから、⑩は。』


   客席『おぉshine


『おぉ。』
『おぉ。』
品川『だって松本くん、なんかこのバーの常連みたいなんだよね。』


   爆笑sign03
   階段状の台に横向きに座る潤くんに、バーカウンターとウイスキーのロックとおつまみのCG(爆)。


品川『ねぇ。』
『いつもの席って感じですよね。』
伊藤『さぁ、成宮さん。自信ありますか??』
成宮『・・・・・はい・・・。』
『手先・・・手先は器用なの??』
成宮『手先はまぁ、普通ですね・・・。』


   失笑coldsweats01


『普通って・・・手先・・・』
『いや、これ勝てそうだぞcatface


   爆笑sign03


成宮『いやsign01ナメてもらっちゃ困るsign03


   客席『おぉ~shine


品川『本番決める男ですから。』
『そうなんすよcatfaceやる時やる男なんですcatface
品川『ほぼ・・・ほぼドロップの撮影も一発OKですよflairほぼ。』



点差150ポイント、ゲストチームリードでゲームスタートflair
の直前・・・



品川『んん(咳ばらい)。・・・ウ゛ェ~ホッ(吐きそうな咳)sweat01
『大丈夫ですか??coldsweats01
『おじさんもぉ(笑)catface



なんてことがありました(笑)bleah



【1周目】
全員⑩を3枚重ねます。
あまり大きくは仕掛けませんが、最後の品川さんが大きめにずらします。


【2周目】
潤くんは⑩を3枚、さらにずらして重ねます。成宮くんは顔色ひとつかえずに⑩を3枚重ねます。微妙に揺れてますが、にのちゃんも⑩を3枚。弱気になった品川さんは⑤を3枚です。


【3周目】
潤くん、なんと揺れているにも関わらず⑩を3枚、しかもずらして仕掛けます。続く成宮くんは⑤を3枚重ねますが・・・3枚目を置いて手を離したらタワー崩壊sign03


嵐チームの勝ちですshine


そして何気に・・・ゲームの前に『(負けてるから)⑩は全部使い切る』宣言したにのちゃん・・・⑤のコインに手が伸びてました(笑)catface
ゲストチームが120ポイント、嵐チームがボーナスポイント加算で250ポイント獲得ですshine



『結構さ、成宮さん、こぉ・・・真っ直ぐ積んでましたよね??』
『そう。あの、こうズレててもねぇ、その(一番上の1枚が)置いてあったとこに積んでくなって1周前に思ったんですよ。』
『うん。』
『で、これはもしかしたらいけるかなって思ってちょっとズラして置いたらその上に置いてくれたんですhappy01


   爆笑sign03



と、潤くんの作戦勝ちでした(笑)wink



そして最終対決はフォーリングパイプflair


ゲストチーム570ポイント、嵐チーム550ポイントと、点差は20ポイントですcatface


最初はキャッチ・智くん、チョイス・品川さんです。



伊藤『どんなイメージで最終的にまとめようというふうに??』
品川『やっぱこう、接戦接戦で来て最後自分で決めたいな、みたいな。』


   客席『おぉ~shine


『前回いらした時もそうでしたよね??』


   テロップ:500ポイントの同点から品川庄司チームが勝利!


『最後まで接戦接戦で・・・』
品川『そうそうそうそう。』
『もってきましたもんね。』
品川『そうそうそう。あの、今は亡き庄司くんと出た時ね。
『いやいやcoldsweats01


   爆笑sign03


『いらっしゃいますcoldsweats01
『“今は亡き”じゃないですよcatface
成宮『まだ生きてますからcoldsweats01
『全然“亡き”じゃないcatface
品川『生きてます。生きてますよ。スポーツジムにいます。


   爆笑sign03


『鍛えてる(笑)coldsweats01
伊藤『リーダー。』
『はい。』
伊藤『自信ありますか??』
『・・・ありますsign03
『おっcatface


   客席『おぉ~shine


やる気の顔でやろうかな。


   爆笑sign03


品川『顔で(笑)sign02やっぱビジュアル的なの??』
伊藤『ちなみに、ちょっとその顔みせていただけますか??やる気の顔・・・どうぞsign01


   軽く下を向いた後、口を閉じて眉間にシワよせてりりしく上を向く智くん。
   と、同時にBelieveのサビが流れる。
   爆笑sign03&拍手shine


『入った入ったhappy01
『やる気ありそう、ありそうhappy01
『気抜かないでね、そのままだよcatface


   爆笑sign03


伊藤『さぁ、では品川さん。』
品川『はい。』
伊藤『落とすパイプを2本選んでください。』
品川『はい。・・・・・・・はい、選びました。』


   品川さんのチョイスは①と④。
   客席『おぉ~。』
   ③と④の間にしゃがむ智くん。


伊藤『大野くん。その場所でいいですか??』
『・・・はい。』
『4本全部いく??』
『いくsign01


   客席『おぉ~shine


『リーダー、とにかく20ポイント負けてますから、今。最悪20ポイントとってもら・・・』
『とればいいんだよね??』
『そうです。』
『(笑)。』
『おっけいsign01



と、やる気でゲームスタートflair



品川『ねぇ、大野くん。あの、携帯ストラップ魚のアジらしいね。』


   爆笑sign03


品川『で、引っ張るとアジの開きになる。』


   客席『へぇ~。』&(笑)
   小さくうなずく智くん。


品川『あの、移動車で・・・』



ボタンぽちっsign03


右手、①番は間に合わずbearing
でも、左手で④番・・・100ポイントですshine
その左手を高くかかげる智くん。



伊藤『つかんだsign03やる気の大野、堂々とつかんだsign03
品川『すごいshine
『すごいわ・・・すごいshine顔で捕りに行ったね。』
『顔で捕ったhappy01


   爆笑sign03


顔で100点捕れるんだねcatface



続いてはキャッチ・成宮くん、チョイス・潤くんです。



伊藤『成宮さんのキャラクター、松本くんはどう分析してますか??』
『いやぁ、僕ねぇ、相当緊張しぃだと思うんです。』
『へぇ~。』
『なんで・・・捕れないと思うんですけどねsmile


   客席『へぇ~。』&(笑)


成宮『(ヒザをこすりながら)大丈夫です、大丈夫です、大丈っす、だいじょうっす、だいじょっすcoldsweats01sign03


   爆笑sign03


『こすったなぁcoldsweats01
『スクラッチしたねcatface
伊藤『さぁ、では松本くん。』
『はい。』
伊藤『まずは落とすパイプを2本選んでください。』


   静かに①と③をチョイス。


『はい。決まりました。』
伊藤『さぁ、成宮さん。』
成宮『はい。』
伊藤『何番が来そうだな~と思ってらっしゃいますか??』
成宮『えーっとぉ・・・①②??』


   客席『おぉ~。』
   ③と④の間にしゃがんでる成宮くん。


『なっ・・・じゃぁなんでそこにいるの??catface


   爆笑sign03


『一番・・・一番だぶんこっちから見ると遠い場所にいる気がするんだけどcatface
成宮『いや、松潤はひねくれ者なんで・・・』
『うん。』


   爆笑sign03


成宮『どこくるのかわかんないんですよ。』
『①②って言っときながらも。』
成宮『だからちょっと・・・多めに・・・スタンばって・・・。』
『①②考えながらもそこにスタンばってるわけ??』
成宮『そうですね。』
品川『いいよ、いい作戦だと思うよ。』
成宮『ホントですか??』
品川『うん。』
成宮『んnote
品川『んnote


   爆笑sign03


『え、今catface
品川『照れちゃったcoldsweats01照れちゃった照れちゃった、ごめんcoldsweats01



そしてゲームスタートflair



『あの、ナリはさぁ。』
成宮『ん-。』
『いろんな服が似合うって豪語してるらしいっすね。』
成宮『して・・ま・・・せんよ。』
『したら以前テレビ番組で、』
成宮『はい。』
『なんか全身タイツ用意されたって・・・』


   爆笑sign03


『しかもピンクの花柄だったって・・・』
成宮『そうそう・・・』



ボタンぽちっsign03


成宮くん、①に勢いよく飛び込んだものの・・・1本もつかめませんcoldsweats01



品川『うそsign02ちょっとぉsweat01
伊藤『成宮寛貴、1本もとれずぅ~sign03
『(笑)happy01
伊藤『松潤してやったりぃsign01ゲストチーム0ポイントォ~sign03監督もがっくりsign03
成宮『まさかぁ・・・まさかぁ、その話が出てくるとは・・・』
『いや、全身タイツ用意されたんですって??』
成宮『はい、全身・・・全身タイツ・・・』
品川『ピンクの花柄の??』
成宮『はい。』


   爆笑sign03


『それ着たんすか??』
成宮『ノセられて着ちゃいました。』


   爆笑sign03


『似合ったんすか??』
成宮『なんか割りと似合ってるってことで・・・話終わったんですけどcoldsweats01



次はキャッチがまちゃき、チョイスが成宮くんです。



伊藤『現時点で80ポイント差です。』
『はい。』
伊藤『この後ゲストチーム、品川さんの挑戦を控えていますが、ここで相葉くんが230ポイント以上捕れば、』
『おっflair
伊藤『コールド勝ちとなります。』
『あららhappy01
『やっちゃっていい??』


   客席『おぉ~shine』&拍手shine


『いいの??これ決めちゃってhappy01
品川『やめて・・・やめよ・・』
『決めちゃうよぉhappy01
『なん・・・(得点)なんなん狙うんですか??そしたらcatface
『100・100狙いますよ、それはhappy01


   客席『おぉ~shine


ハイリスクハイリターン系でいきます。


   爆笑sign03


品川『別にハイリターンで・・・coldsweats01
伊藤『さぁ、では成宮さん。』
成宮『はい。』
伊藤『落とすパイプを2本選んでください。』
『肩の動き・・・』


   ③を押す成宮くん。


『ほぉおぉおぉぉぉ。・・・へぇ・・・。』
わかってない時の顔だcoldsweats01


   爆笑sign03
   成宮くんは①と③をチョイス。


成宮『はい。選びました。』
『選びました??』
成宮『選びましたよぉ。』
伊藤『さぁ、パイプチョイスは完了しました。』


   肩ひざついて②④に構えるまちゃき。


伊藤『いよいよこの両者の駆け引きが、ここから始まります。』


   成宮くんの顔を凝視して向きを変えたりするまちゃき。


『“駆け引き”やってもらおうよcatface
『相葉さん(笑)catface・・・相葉さんcatface
『えっ??』
『顔みて変えないで、ポジションcatface


   爆笑sign03


『なんか感じたら??』


   ポジションを決めかねながらにのちゃんの言葉を聞いていて、思わず何もない②と③の間の空中をつかもうとするまちゃき(爆)。


品川『全然パイプ無いところだしcoldsweats01


   爆笑sign03&拍手shine


そこ2、5sign03


   両ひざついて前にうなだれるまちゃき_| ̄|○


『2、5ないからcatfacesign03そこなんもcatface
品川『全く・・・』
『なんにもないねcoldsweats01
品川『そこまさにハイリスクハイリターンだよcatface


   爆笑sign03


『そこは・・・そこは確かにリスクですねcoldsweats01
『リスクしかないcoldsweats01
『相当迷ってるなぁcoldsweats01
『俺ね、ここ(②④)だと思うんだよなぁ。』
『なんでですか??』
『いや、ちょっとね、最初に構えたの俺ここ(②④)なんすけど、こん時にニヤッとしたんすよ。』
『ほぉ。』
『いや、これはここだと。俺もう決めたもうココsign01ココsign03


   客席『えぇ~sign02


『相葉さん・・・』
えっ、①③きても捕らない??
それだけ約束してくださいcatface


   客席『えぇ~sweat01
   右手グーにしておでこに当てて、その手を床におろして下を向くまちゃき。


ハイリスクハイリターンてのはそういうもんじゃないっすか??


   爆笑sign03
   顔をあげるまちゃき。


『そっか、そうだねcoldsweats01
『もし落っこってき・・・落っこってきても『あぁ~sweat02』って顔するしかないですよね??』
品川『そうそう。』
『うん。』
『わかったsign01
『ンフフcatface


   客席『えぇ~sweat01


『落っこってきても、『あぁ~sweat02』ってか・・・顔・・・するsign03


   爆笑sign03


『動かさないで下さいよcatface
『わかった。絶っ対動かさない。』



と、まちゃきの0点が確定したところで(爆)ゲームスタートなんですが・・・
両手を②④に構えたまま上下するまちゃきに・・・


『ンフフcatfaceお前がパイプみたいになってっからcatface
『落ち着けよcoldsweats01


なんていうやりとりもありました(笑)wink



成宮『なんか・・・得意なモノマネがあるそうで・・・』
『おっflair
成宮『ジョン・カ○ラさんができるっていう・・・』
『できますよhappy01
成宮『やってもらえますか??』
『ク~エッsign03


   爆笑sign03


『クッ・・・sign01クッ・・・sign01



ボタンぽちっsign03


目の前(①)のバーに手が伸び掛けて約束を思い出したまちゃき(笑)coldsweats01
すぐにまた両手を横に伸ばして、顔をバーに近づけて・・・バーがセットの中に吸い込まれていくと同時に、バーの動きに合わせてた頭を下にぶつけるまちゃき(爆)coldsweats01
とりあえず笑う嵐catface



品川『痛い痛い痛いsweat01あれ・・・大丈夫sign02sweat01
伊藤『落ちたパイプは①番と③番~sign01
品川『大丈夫??sweat01
成宮『痛い痛い痛い痛い痛いcoldsweats01sweat01
品川『頭突きcoldsweats01
伊藤『そしてポールで頭を打ったsign01


   爆笑sign03


『違うちが・・・』
伊藤まさかこんなにもリスクが大きいとはぁsign03


   笑いながら床を叩くまちゃき。


『違う、(打ったのポールじゃなくて)ここ、ここsign03
伊藤『0ポイントです。』


   拍手shine


品川『いやぁ、すごい。』
『ほんっとに申し訳な・・・ほんっとに・・・と、捕れたよ、あれ絶対・・・でもちょっと・・・』
『わか・・・わかったもんね??』
『わか・・・』
『わかったからこう(前斜め下に)いっちゃったんだよね。』
『そうそうそう、いっちゃったのcoldsweats01
品川『あれは何??頭で止めようとしたの??』
『そうflairせめても・・・せめてもの(笑)coldsweats01



そしていよいよ最後の対決は、キャッチが品川さん、チョイスが翔ちゃんです。



成宮『品川さんがんばってsign01
伊藤『現時点で80ポイント差。品川さん。』
品川『はいsign01
伊藤『イメージ通り・・・“最後に俺が決める”。その瞬間が近付いてきました。』
品川『そうですねぇ・・・。スゥー(←息を吐く音)・・・・・ただ・・・不安でいっぱいですねぇここに立ってみると・・はい・・・。』
伊藤『では櫻井くん。』
『はい。』
伊藤『まずは落とすパイプを2本選んでください。』


   翔ちゃんをガン見する品川さん。


『めっちゃ見てるぞcatface
『ンフフフcatfaceこえぇcoldsweats01
『決めました。』


   翔ちゃんチョイスは②と④。


伊藤『さぁ品川さん。』


   ③と④の間に立って立ち尽くす品川さん。


『なんだ??』
『ンフフcatface
『微妙に意味わかんないんだけどcoldsweats01
品川『はい。』
伊藤『今、きそうだなぁと思ってるのは??』
品川『①③ですね。』


   客席『おぉ~。』


伊藤『なるほど。』
品川『やっぱりこのゲームに長けてますから、あのぉ、左手で、こう近いところ(④)を掴ませないために、まず①をチョイスするんですよ。』
『なるほど。』
『おぉ、すごいshine
品川『で、そのぉ・・・右手で・・・この・・・詰まっちゃうように③をチョイスするっていう・・・。』


   客席『おぉ~。』


『僕の立場にたつと・・・。』
品川『はい。』
『はぁ・・・なるほど・・・。』
『なんなんだろう。』
『翔ちゃんやってやんなよsign03ポチッとなしちゃえよsign03


   右手人さし指を立ながら口角上げて若干ブラックに微笑む翔ちゃん。
   踊り始める(横に揺れる)品川さん。
   BGMはドロンボーの歌。


あの人・・・ドロンボー一味なのか??catface


   爆笑sign03


『やっちゃえ、やっちゃえcatface
『いよ~っしsign01
伊藤『さぁ。その場所(③と④の間)でスタンバイ。よろしいですね??』
品川『はいsign01
『捕りそぉcoldsweats01
伊藤『ポジションが決まりました。』
品川『④捨てよう。』
伊藤『おっと。ここで④番は捨てると・・・いう作戦に出ました。確かに片手で100ポイント捕っても勝利という場面です。』
『そうなんだよ。』
雅紀『そうんなんだよなぁ・・・。』
『そう・・・集中すれば大丈夫。』



そしてゲームスタートflair



『監督あのぉ~、作品にご自身でも出られてるんですよね??』
品川『はい。』
『もちろんあのぉ現場で色々こう監督とか演技の指導とかもされてたと思いますけど、』
品川『はい。』
『ご自身のお芝居はどうだったんですか??』
品川『最悪でした。』



ボタンぽちっsign03


品川さんの目の前、②番のバーが落ちていきます。
品川さん、それを見ながら『うぉぁぁsign02』と声を上げて、とっさに④番を捕ろうと背中に手を回しながら背中でも止めようとしますが時すでに遅し・・・。
でも、嵐がいる位置からは捕れたかどうか確認できず、まちゃきとにのちゃんと潤くんが確認に向かいます。



『あれ??捕ったのこれ??捕った??』



翔ちゃんの位置からは見えてるので手を叩いて笑ってます。



『あ、ダメだこれcatface
伊藤『会場に響いた『うぅsign02』という声sign01


   爆笑sign03


伊藤『残念結果、嵐チームの勝利~sign03



スタジオエンディングトークnote



『僕らと戦ってみていかがだったでしょうか、成宮さん。』
成宮『いやぁ、なんかテレビで見てるより難しかったですねぇ。』
『そ~なんですよねぇ。でもねぇ、実際キーパーも調子よかったし。』
成宮『でもコケちゃいましたからねcoldsweats01


   爆笑sign03


『戻る時にcatface
『品川さんいかがでしたでしょうか??』
品川『楽しかったねぇsign03
『ハハハッhappy012回目なのにかかわらず。』
品川『チョ~楽しいよねぇ。』
『ただ品川さん、活躍する場面がねぇ・・・そんなに・・・』
品川『いいのいいの。俺、みんなの笑顔が見れるだけでshine


   爆笑sign03


『優しいhappy01
品川『うん。』



ゲストさん、エンディングトークnote



品川やっぱ相葉くんて無邪気だなぁって・・・


   爆笑sign03
   ワイプの中でその発言聞いて笑うまちゃき。


品川『あぁ、相葉くんの表情見れるんだったら負けてもいいなっていうくらいに値する・・・はい・・・』
成宮癒しでしたね。
品川『そう、癒しですね。』
成宮『かなり癒しでしたね。』
品川『うん。頭から突っ込んでるからね(笑)。』


   爆笑sign03


成宮『あれはかなり痛かったと思いますよ。』
品川『うん。』



嵐くん、エンディングトークnote



『品川さんも言ってたけど、やっぱ頭から突っ込むパターンてのは初めてだったね。』


   爆笑sign03


だっていっちゃダメって言われてるなかでどこ行くっつったら頭しかないよねsign02


   爆笑sign03


『あの一瞬で相葉ちゃんの気持ち全部わかったよ。』
『全部わかった・・・』


   爆笑sign03
   その時のまちゃきの再現をする智くん。


『全部わかるとは・・・catface



そして最後はまちゃきの極上スマイルで番組終了です。



成宮くんのブログにも『相葉くんの笑顔には癒されました(笑)。』と書いてありました(笑)pc緑色の粉を浴びてしまったようです(爆)good





|

« 幸せな時間。 | トップページ | ここ4日間。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸せな時間。 | トップページ | ここ4日間。。。 »