« 嫌な前兆。。。 | トップページ | 久々のバトンだよ♪ »

2009年4月 3日 (金)

PS 元気です、美海。

かなり懐かしい、某先輩グループKのDさん(←どっちやねん(笑)sign03)の主演ドラマのタイトルをパクってみましたcatface相手役は確か、某先輩グループVのⅠッチさんの奥様だったかな??catfaceジャニ歴長い人ならきっとわかるハズ(笑)bleah

まぁ、今の美海の状況をもっと正確に表すなら・・・

『PS 生きてます、美海。』

ってとこでしょうか(笑)catface

いやぁ~、夕べリアルにヤバかったですsweat01

夕べのエントリーした後に、温まって寝ようと思ってお風呂をためて・・・で、入ってたらなんか頭がグワングワンしてきまして(@Д@;
かと思ったら耳鳴り・・・( ̄◆ ̄;)え・・・こんな夜中にこのタイミングで血圧下がりますかsign02( ̄Д ̄;;
このままじゃヤバイと湯舟から上がったもののちゃんと立つこともできず、もちろん着替えもできずsweat01
とりあえずバスタオルだけ巻いて、壁につかまりながらベットまでたどり着き倒れこみましたbearing

しばらく横になってたら症状が落ち着いたので着替えて就寝sleepy

今日もまだ喉痛いですが、熱はまだ出てないようですflair

悪化しないようにお薬はちゃんと飲んでおきますhospital

いやぁ・・・生きててよかった(笑)note




ずっとエントリーしようと思ってた『DOOR TO DOOR』の感想でも書こうかなぁcatface


その前に歌おには??と心の中でツッコミを入れる自分がいる・・・(笑)coldsweats01


いや、書くよsweat01書く書くsweat01ただね、もう一度リピリピしてからって思ってたら・・・6話までリピリピしたところで国立のDVD出ちゃったから(爆)coldsweats01
ちなみに、今だに先週のVS嵐のレポをUPできない理由もそれです(笑)coldsweats01いつもガッツリ読んで下さる方々・・・すみませんsweat01早目に作りますcoldsweats01てか、明日もう土曜日だし(笑)happy02sweat01



『DOOR TO DOOR』は、もう・・・号泣でしたweep


にのちゃんの芝居本当に好きなんですよshineなんていいうのかな・・・“演じてる”んじゃなくて、“本当にいる”ように思えるんですよねconfident特にこの3部作はそうでしたconfident


1部の時は普通の青年が突如病気になって・・・という話だったから・・・・・もちろん簡単な役ではないけど、今までの芝居経験の延長でできたと思うんです。


でも2部と3部は違った。


ハンデをもって生まれた人を演じる・・・。
一歩間違えたら、人によっては『バカにしてるのかな』とか、嫌味にとらえられかねない難しい役で・・・。


それはやっぱり、実際に演じるにのちゃんが一番わかってたと思うんです。


2部、3部とも、メイキング映像のにのちゃんがすごく印象に残ってます。


前回は手の動きにすごくこだわっていて・・・ヨーイの掛け声と同時に手を動かしはじめて、スタートの掛け声がかかった時はすでに人が変わっていて・・・。実際にハンデを抱えた方と面会して、いつもの観察眼で動き、仕草、全てを盗んで・・・。


今回のプロモーション中ににのちゃんが言った『同じ障害でも、みんなそれぞれに違うから、僕は僕が思う英雄をやった。』みたいな言葉がすごく印象に残ってます。
だってこの言葉は、ちゃんと彼らと向き合った人にしか言えない言葉だと思うから・・・。


そして、にのちゃんが作り上げたひでちゃんは、本当に日本のどこかに実在するんじゃないかって・・・今もどこかでDOOR TO DOORしてるんじゃないかって思えるほどリアルでした。



そしてストーリーのほうは・・・


やっぱり親子愛ですかねぇconfident
美海は大学進学と同時に実家を出たんですが・・・昔っからパパと仲悪くてcoldsweats01会えば・・・というか話せば喧嘩ばかりしていますcoldsweats01年始に帰る前日も、ママのケータイにかけたのにパパが出て・・・


パパ『何??帰ってくんの??』
美海annoy・・・帰ってくんなっていうなら別に帰らないけどannoy
パパ『・・・帰ってこなくていいの??』
美海annoyannoyannoy


で、このままママにバトンタッチ(笑)coldsweats01


ママは慣れたもんで


ママ『本気で相手してたらムカつくだけだから、聞き流してればいいのにぃcatface


と昔から言います(爆)catface


でももう若くはないんでねぇ・・・。遊園地とかではもうシニア扱いの年齢ですからwobbly


めったに帰らず、めったに連絡もせず、自分のやりたいことを追い続けてる放蕩娘ですが・・・でも、パパが賛成はしていない・・・お前には無理だと言われた夢をいつか叶えることが、美海にとっては最大の親孝行だと思ってますconfident


ひでちゃんが初めて自分の稼いだお金でお母さんにプレゼントを買ったように、美海もいつか、夢叶ったと堂々と言える仕事をした時、そのお金で何か買ってあげられたらなーって思ってますconfident


花嫁姿は見せてあげられそうもないんで(爆)coldsweats01
それに関してはパパよりおばあちゃんにごめんなさいって感じかもcoldsweats01


あ・・・ていうか成人式もしてないし着物も着てないし写真も撮ってないんだったcoldsweats01
成人式の次の日が大学部の編入試験だったもんだからpencil
・・・・・・てことは、美海はまだ未成年てことでOK??(爆)(*゚▽゚)ノo(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;


なんか話がずれた(笑)coldsweats01


まぁ・・・うん。普段は考えない“家族”のことを考えさせられたドラマでしたconfident


そして、ハンデがあるなしじゃなく、全ての人に共通することも沢山描かれていたと思います。


何かを言い訳にして諦めないこと、


人は周りの人に支えられて生きてるということ、


感謝の気持ちを忘れてはいけないということ、


どんな辛く悲しいことがあっても人はまた歩けるんだってこと、


そして、また笑えるんだってこと・・・。



お母さんとの最後のシーンでひでちゃんが言った『僕はラッキーだったんだ。母さんの子どもに生まれて』・・・でしたっけ??あのセリフや、カードはお母さん言葉でしょ??とか・・・あの後すぐお母さんが亡くなって・・・・・・・あの時言えて良かったねと、涙が止まりませんでした。
伝えたかった言葉を伝えられずに、生涯伝えられなくなる苦しさを美海は知ってるから・・・。


伝えたい言葉、伝えなきゃいけない言葉は、心が動かされたその時に伝えないといけない。伝えられなくなってから後悔しても遅いんだって・・・美海が大切な人に教えてもらったことです。まぁ、このドラマではそこまで描こうとはしてなかったと思いますcoldsweats01美海が勝手に思っただけですのでご了承くださいcoldsweats01



感動3部作はこれで完結ですが・・・美海はまた、こんなにのちゃんのお芝居が観たいなーって思いますconfident


だって・・・こんなこと言うと『だろ??catface』とか言われそうでシャクだけど(笑)、あの人天才だもんshineホンットーに・・・『俺は俳優じゃない。』ってのがムカツクくらいに天才だもん(笑)shine


絶対に大変だったハズなのにそれは表には出さないで、撮影で何が大変だったか聞かれて『寒かったこと』と答える二宮和也はさすがだなと思いましたwink



あらためて・・・


にのちゃん、素敵なドラマをどうもありがとうshine


そして、寒い中の撮影、数日に渡った番宣、本当にお疲れさまでしたconfident





|

« 嫌な前兆。。。 | トップページ | 久々のバトンだよ♪ »

コメント

美海さんこんばんはdelicious

体の方大丈夫ですか?私も、低血圧でお風呂入った後、布団の手前で倒れてる事もたまにあります(汗)

風邪ひかないようにお気をつけくださいm(__)m

投稿: 潤音 | 2009年4月 3日 (金) 22時30分

潤音さんへnote


見事に風邪ひいてしまいました(笑)coldsweats01
低血圧って、本当甘くみれないですよねbearing
潤音さんも気をつけてくださいねsweat01

ひどいようだと病院で血圧上げる薬もらえますよhospital
美海は出費が恐いので行かなくなりました(笑)coldsweats01

投稿: 美海 | 2009年4月 6日 (月) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嫌な前兆。。。 | トップページ | 久々のバトンだよ♪ »