« やっと。。。 | トップページ | 『ごめんなさい』の嵐(笑)。 »

2009年9月 9日 (水)

心をこめてただひとつだけ。。。

贈る言葉は“ありがとう”




国立2日目に会ったお友達に聞かれたんですconfident


『美海ちゃん的に、今回のコンサート(セットリストとか)ってどうなの??』


ってconfident


嵐がさ、みんないろんなタイミングで嵐を知って、その人それぞれの10周年がある・・・みたいなこと言ってたからそういうことなのかなって・・・confident←違ってたりして(笑)。


うちら的にはアリだけど古株的にはどうなの??みたいな・・・confident


最高のコンサートでしたshineshineshine
シングル全部やるのに、どうしても短くというか・・・駆け足的なところがあったり、盛りだくさんすぎてどこ見ていいかわからない感じはいなめなかったけど(笑)、そのカンペキじゃない・・・はりきりすぎた感がまた嵐らしいしwink


そして何より、全ての嵐ファンのことを考えて作ってくれたんだなって・・・それをすごく感じることができましたconfidentshine


距離的なことで言えば、真っ先に一番後ろのお客さんのとこに行ったり、上の席の子にもずっと声かけてたりconfident


一番最初に素直に感じたのは、美海みたいな古株のことをちゃんと忘れないでいてくれた温かさconfident


最初のディスコグラフィーとかもそうだし・・・昔のコンサート映像もそうconfident
『みてみてflair懐かしくない??happy01』って言われてる感じでconfident
振り付けも昔のままのだし・・・confident


そしてやっぱりあの言葉・・・


『あの時会場に来てくれた人、今日もみてくれてるかな・・・』


美海にとって、これに勝る愛の言葉はありません。


その後、その古株目線から離れて考えた時に思ったのは・・・
そういった昔の映像や懐かしいこと・・・比較的新しいファンの人は知らない人もいて・・・そういう人にとっては嵐の歴史に一つ触れることができて・・・噂では聞いてたけどって人にとっては『これかぁ(笑)sign01』って楽しめたんだと思いますconfident


アレルギーの野菜にしても、スケスケにしても・・・自分たちは目の当たりにできなかった“過去”だったかもしれない。
でも嵐はそれを“現在”にしてくれたwink
そう思いませんか??confident



今回ね、改めて歌詞の一つ一つをよく聴きながら参戦してましたconfident
その中で特に2つの歌の歌詞に今までの、そして今の嵐が重なって聴こえましたconfident


1つ目は『One Love』note


花男のイメージが強くてラブソングって感じだったけど・・・嵐とうちらの関係性みたいだな・・・ってconfident




『泣いた季節を 越えた僕らは 今とても輝いてるよ』


『泣いた季節』・・・にのちゃんの言う“暗黒の歴史”ですねcatface
レギュラー持っても続かない・・・数字とれない・・・。
唯一続いたのは深夜枠・・・。
コンサートもリピーターがいても客席埋まらなくて・・・
現場へは電車移動・・・ドラマのレギュラーなのにマネージャーさんはついてこなくて・・・。
そんな季節を越えて来た嵐・・・。
今、本当に輝いてますよねconfidentshine



『それぞれ描く 幸せのかたちは重なり 今 大きな愛になる』


ファン一人一人、嵐と出逢った時期もきっかけもバラバラで、ファンの数だけの想いがあって・・・それぞれに描く“幸せのかたち”は違うけど、でもそれらが重なって大きな愛になってるんですよねconfidentshine



『信じている ただ信じてる 同じ瞬間を刻む人へ』


美海はただただ嵐を信じてますconfident
信じてなかったらこんなに好きじゃない(笑)catface
嵐もそうだって・・・美海は信じてますconfident
『同じ瞬間を刻む人へ』・・・これってすごい奇跡ですよねshine
何億年ていう歴史の中のたった数十年の人生の中・・・出会えて・・・好きになれて・・・同じ思い出を共有する・・・同じ瞬間を刻む・・・その奇跡に感謝したいですconfidentshine



『君がいれば 何もいらない きっと幸せにするから』


これはあくまで美海の自論ですpaper
一人の男性としてのあの5人を幸せにできるのはうちらじゃない。
ドラマとか・・・うちらの妄想並のミラクルが起こらないかぎりね(笑)coldsweats01
でもね・・・“嵐”としてのあの5人を幸せにできるのは・・・うちらじゃない??wink
ていうか・・・うちらしかいないじゃない(笑)good
だから美海は、嵐が嵐でいてくれるなら・・・・・きっと5人を幸せにするよって・・・そう言い続けたいですconfidentshine


そして逆に嵐からも・・・うちらが嵐のファンでいる限り・・・嵐はうちらを幸せにしてくれるconfidentshine



『かけがえのない 出逢いは奇跡を繋いでく 思い出 重なりあう はじまりの歌 鳴り響いて』


かけがえのない“嵐”との出逢いは今・・・沢山の嵐友達との出逢いという奇跡をつないでくれましたshine
みんな嵐を好きになった時期はバラバラで・・・だけど知り合ってからの年月が増えるたびに重なり合う思い出が増えていきますconfident
楽しいよね、こういうのconfident



『愛している ただ愛してる 同じ明日約束しよう』


ただ信じてる・・・そして、ただ愛してるconfident
『同じ明日約束しよう』ってさ・・・これからもずっと一緒だよ・・・ってことだからconfident
なんか・・・嵐と指きりしてるみたいな・・・そんな感じconfident



『君といれば どんな未来も ずっと輝いているから』


嵐と・・・うちらと・・・一緒にいれば未来はずーっと輝いてますよねwinkshine



そしてもう1曲は、最終日の最後に歌ってくれた『Season』ですconfident


『これからはこんな感じかな・・・』


その言葉を受けて聴いたら・・・なんかこみあげてくるものがありましたshine


これは・・・美海の勝手なイメージなんだけど・・・1コーラス目がこれまでの嵐、2コーラス目が今の・・・そしてこれからの嵐なのかな・・・ってconfident



『踏み出す夢の音を 僕らは信じている』


10年前・・・一歩を踏み出した5人・・・。
『信じている』というより・・・信じるしかなかったんですよね・・・。



『頬なでる風に光 見つけた様な気がして』


『風』・・・嵐にとっての風はうちらconfident
いつもソバにいた・・・ずっと見てたうちらに『光』を見てくれてたのかな・・・ってconfident



『咲いた名もない花を君に届けよう 消えることない想いと』


『咲いた名もない花』・・・・・それは『嵐』。
10年前に咲いたその花は『嵐』という名前がつけられた・・・。
10年間かけて5人はその花をうちらに届けてくれた・・・消えることのない想いと一緒に・・・confident



『遠く離ればなれでも 心ひとつ つながってる』


これは本当そのまんまconfident
嵐に会えるのは年に数えるくらい・・・ほんの数時間だけ・・・。
離れてる時間のほうが遥かに多いのに・・・それでも心はつながってるって思わせてくれるんですよねconfident



『ひらひらと花が舞う頃 旅立ちを決めた思いは 今 誰のためでもなくて』


『ひらひらと花が舞う頃』・・・・・春・・・。
嵐のグループ結成は9月・・・デビューは11月・・・。
でも、最初の節目というか・・・・・表現に語弊があるかもだけど・・・嵐が“腹くくった”のは4月・・・。
ファーストコンサートです。
翔ちゃんがよく言ってました。
ファーストコンサートで『俺たちが嵐~sign01』って言った時にこの5人でやっていくんだって思ったって・・・confident
あの時に5人それぞれに決めた覚悟・・・思いが今を作ってるんだと思いますconfident



『思い出を抱きしめながら 僕たちは歩いてゆくよ』


デビュー当時はJr.全盛期・・・。
デビュー組として選ばれてもおかしくないJr.が沢山いる中で選ばれた5人・・・。
思い出というより・・・当時のJr.みんなの思いを背負ってたんですよね・・・。



『今 瞳の奥に輝く夢は いつでもいつまでも』


そして歩いていく中で“トップになりたい”という夢を見つけた・・・。
それはいつしかうちらの夢にもなった・・・。
トップになって・・・いつまでもみんんと一緒にいたい・・・ってconfident



そして2コーラス目の歌詞・・・flair



『あの頃 憧れてた 未来を歩き出した』


10年たってやっと・・・憧れてた・・・“トップになりたい”と言ったあの頃の未来を歩き始めたんですよねconfidentshine
本当・・・正直に言ってしまうと・・・こんな未来が待ってるなんて思っていませんでしたcoldsweats01



『分からなかったこと少し 分かりはじめた気がする』


10年前には意味もわからずに『世界中に嵐を巻き起こしますsign01と言っていたまちゃき・・・(笑)catface
10年たってやっとその意味がわかったって言ってましたね・・・・・教えてくれなかったけど(笑)catface



『巡る季節の中で変わりゆく僕の 変わることない思いを』


にのちゃんの挨拶・・・
『10年前と何も変わらないだろう??』
うん・・・変わらないconfident
にのちゃんの言う『変わらない新化』・・・こういうことなのかな・・・ってconfident



『涙零れそうな時 君のことを 想い出す』


うちらのためにいつも頑張ってくれる嵐・・・。
辛い時、苦しい時、大変な時・・・きっといっぱいあると思う・・・。
そんな時にさ・・・うちらのこと思い出して頑張ろうって思ってもらえるなら・・・5人が思い出すうちら一人一人が笑顔でいられるようにずーっと笑っていたいな・・・ってconfident



『春色の風薫る頃 澄み渡るこの空の様に もう 迷いは何もなくて』


昔は迷いだらけだった5人・・・。
きっといろんなことに対してね・・・。
でも今の5人・・・confident
挨拶を聞いてもわかりますよねconfident
これからも嵐でいることに迷いがないって・・・confident


『何度でも咲き誇る様に はじまりを描いてゆくよ』


『嵐』という花は枯れない・・・何度でも何度でも咲き誇りますshine
咲き続けますconfidentshine
そしてまたファンになる人が増えて・・・いろんな人のはじまりを描いていくんですよconfidentshine



『今 ありふれた日が かけがえのない 喜びに満ちてる』


今、この日常が・・・嵐とうちらとが一緒に生きているこの日々が・・・本当にかけがえのない喜びに満ちてますよねconfidentshine


『思い出を抱きしめながら 僕たちは歩いてゆくよ』


10年たった今・・・。
この10年の思いを抱きしめて、嵐は歩き続けますconfident
この10年を力に変えて・・・confident



『今 瞳の奥に 輝く夢は いつでも いつまでも』


さらに上を目指して・・・頂上目指して・・・
5人と・・・6人目の嵐と・・・みんなでconfident
いつでも・・・いつまでも・・・・・ってねwink




コンサート中もそんなことを思ったら涙が止まりませんでした。


30日、雨の中ずっと『大丈夫??』『風邪ひかないでね??』と言ってくれてた嵐・・・。
あきらかに5人のほうが濡れてるのにbearing


そして、レポに書きわすれたけど・・・潤くんが叫んでくれた言葉・・・。


『嵐は幸せものだーsign03


違うよ、潤くん。
幸せなのはうちら・・・嵐のファンは本当に幸せだよconfidentshine



で・・・翔ちゃんと潤くんが言ったことですが・・・。


『本当はこんなこと言っちゃいけないのかもしれないけど・・・』


そう前置きをして言った言葉・・・


『外にいるみんなsign03ありがとうsign03
『外のみんなsign03ありがとーsign03



どこぞのネタサイトでも話題にされてたり・・・賛否両論だと思います。
流れがマイナスな方向にいかないように、この言葉をレポに書くのを自粛したお友達もいました。
それも正解だと思います。
でも美海は書きました。
その理由をちょっと書かせていただきます。



昔・・・嵐のコンサートのマナーは本当にヒドかったですdash
平気で席移動したり・・・トロッコきたら群がったり・・・ステージにタオルとか投げこんだり・・・。
コンサートだけじゃなくて、移動の時に全く関係のない方にまで迷惑かけて・・・。


嵐はそれをちゃんと怒ってくれました。
ダメなものはダメと怒ってくれました。
ニコニコしてるだけじゃなくて・・・ちゃんと怒ってくれました。


その中でも特にマナーに厳しかったのがこの2人・・・翔ちゃんと潤くんです。
あの2人に“マナー悪い”って意味で覚えられたら最後・・・ファンサくれないどころか見てもくれなくなるという噂が出るくらいに・・・。


でも噂じゃなくね・・・実際にマナー守らない人がいたら・・・コンサート中嵐さんはその周辺は見ませんからね・・・。


だから正直・・・最初に聖火台のところで外に向かって手を振ったのにはビックリしました。
そして・・・マナーに厳しい翔ちゃんが先陣きって外にいるファンに声をかけたこと・・・潤くんが声をかけたこと・・・本当にビックリしました。


でも同時に・・・嵐の感謝の気持ちがそれだけ強いんだと思いました。


他の3人があえてそれをしなかったのは・・・・・どう言ったらいいのかな・・・。
その気持ちの大きさを伝えるためなのかなって・・・。


あの2人が言うことに意味があるんだなって・・・。


翔ちゃんも本当に迷ったと思う・・・。
だから・・・なんていうんだろ・・・・・誤解されないように『こんなこと言ったら~』って前置いたんだと思う・・・。


嵐はちゃんと状況わかってるから・・・。
チケットがどれだけ取れないのか・・・。
どれだけの人が涙を飲んだのか・・・。
それでも諦められなくて外に沢山の人がいることも・・・。


10年前では考えられなかったことだから・・・。


そんなみんながいて・・・今の嵐があって・・・国立のステージに立っている・・・。
それをわかってるからこその言葉だったのかなって・・・。


『外にいるみんな』


国立の外だけじゃない・・・あの会場に入れなかった全ての嵐ファンへのメッセージだと思うんです・・・。


だからもし、この言葉を誤解してまたマナー違反したり周りに迷惑をかけるようなことをする人が増えるのなら・・・それはこの2人の想いを・・・嵐の想いを裏切ることになると思うんです。


メンバーの『ありがとう』を裏切ることだと思うんです。



あくまでこれは美海が思ったことです。


でも、嵐の中で一番マナーに厳しい翔潤があの発言をした意味・・・。
それをみんなそれぞれに考えてみるのもいいのかな・・・ってconfident



なんかまとめ方がわからなくなってきた(笑)coldsweats01



まぁ・・・嵐さんはきっとこれからも変わらないですよwink←ムリヤリ??そんなことないsweat01


10年後・・・またスケスケ着て欲しいなぁ(笑)(*^m^)
『二度と着ねぇって言っただろsign03』とか言いながら(笑)(ノ∀`)・゚・。


ヤバイ・・・キュンheart04以外の妄想ネタを見つけてしまった(笑)note



って・・・10年後の話の前にまだ10周年ツアー始まったばかりだよーってcoldsweats01paper


次また嵐に逢える日まで・・・頑張りますかぁnote





|

« やっと。。。 | トップページ | 『ごめんなさい』の嵐(笑)。 »

コメント

はじめまして、まっつんと申します。
嵐ブログを巡っていてこちらにたどり着き、この記事を拝見して本当に涙が出てしまいました。

私はアラシック3年目のドがつく“新規”です。
国立には28,30日に参加し、野菜もスケスケも噂には聞いていましたけれど初めてこの目で見ることができました。
それは、デビュー時からファンだった方と思い出を振り返っているとともに私のようなファンのために思い出を共有しようとしてくれているのだと思って感動しました。

マナーの話になるといろんなところで古株新規論争になっているのを見ますが、私は人間としての品格の問題だと思っています。
国立で感じた嵐さんの愛に恥じないファンであり人間であるためにどうすればよいのかを考えればおのずと答えは出ると思っています。
みんなが美海さんのように考えられればそんなファン同士の争いなんてなくなるんだろうか…と思うといてもたってもいられずコメントさせていただきました。
興奮していて何を書きたいのか分からなくなってきましたが、本当に、私も美海さんを見習って、これからの嵐さんを支える風になりたいと思いました。
ありがとうございました。

投稿: まっつん | 2009年9月10日 (木) 22時42分

まっつんさんへnote


はじめましてconfidentコメントありがとうございますhappy01

ただ思ったことを書いた記事に涙していただけるなんて・・・なんかすみませんcoldsweats01

美海自身も、ご新規さん急増時はあまり快く思えなかった人間なんであれなんですがsweat01
一つ一つ冷静に考えたら同じファン同士いがみ合うのって悲しいし・・・第一に嵐の5人が望まないことだと思うんですよねdespair

こういうネット上でいがみ合って・・・それを見た第三者が『嵐ファンてくだらねぇな(笑)dash』って思って嵐への心象がマイナスになったら・・・それこそ本当に悲しいですしねdespair

せっかく嵐は『嵐のファンは最高だぁsign03』って言ってくれてるんだから、ちゃんとそれに答えられるファンでいたいなってconfident

一人一人の小さな気持ちが重なって、いつか全ての嵐ファンが世間に胸はって『嵐ファンてステキでしょ??』って言えるようになるといいですねconfident


こんなブログですが、是非また遊びにきてくださいhappy01

投稿: 美海 | 2009年9月11日 (金) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと。。。 | トップページ | 『ごめんなさい』の嵐(笑)。 »