« 嵐のワクワク学校~2時間目~前編 | トップページ | 嵐のワクワク学校~5時間目~前編 »

2011年7月23日 (土)

嵐のワクワク学校~2時間目~後編

ワクワク学校2時間目、後編ですconfident

1時間目前編

1時間目後編

2時間目前編

5時間目前編

5時間目後編




続いての先生は・・・
ラブレンボーが流れて、映し出された校章のマークはflair


Photo_15



『タブー先生感動した・・・。』
スエズ『タ・・・タブー先生・・・。』


ということで、感動したタブー先生から相葉くんへパチパチ(笑)。
立ち上がって拍手に応える相葉くん。


『最後ちょっと噛んじゃったけど(笑)。』


この言葉にメンバーが『食糧ぶしょく(笑)』と笑うと・・・


『言わなくていいからsign01


噛んだことをほじくり返したのは自分ですよ(笑)??


Photo_16


パチパチとは、“褒めて讃えること”であると・・・。
水道橋の駅からドームに来るまでにもたくさんのパチパチがあったと・・・。


『ある方が取材に・・・』
『行ったの先生じゃないんですか??』
『スケジュールつまってて・・・』
『先生忙しいんだぁ・・・。』


そしてVTRへ・・・。
映し出された水道橋駅東口。
と・・・アトムのお茶の水博士らしき人影が画面の右から左へと横切り・・・(震笑)。
テロップには『櫻井博士』と・・・(笑)。


櫻井博士『櫻井博士です。え??てつわんアトムのお茶の水博士に似てます??だって、ごらんください、こちらsign01


アップになる『水道橋駅(東口)』の看板・・・。


櫻井博士『・・・・・・・・ここお茶の水じゃないの??』


画面下に『お茶の水は隣りの駅です。』のテロップが(笑)。
そして、『お遊び終了』の画面に(笑)。


お遊び終了した櫻井博士(格好はお茶の水博士)いわく、街並みの中にたくさんの“すごい”があるとflair
それを探しにいくというわけですね。


櫻井博士『参ろうぞsign01


そして、駅前の橋からドーム目指して歩き始める博士・・・。


櫻井博士『どれだぁ??あーーー、あるあるある。おーーー、恥ずかしい。』


周りの視線が・・・(震笑)。
そして横断歩道を渡る博士・・・。


櫻井博士『どうも、どうも、どうも、どうも。』


あの人、いちを(←)スーパーアイドルのハズなのに・・・下校途中の女子高生が笑いながら避けている(爆)(ノ∀`)・゚・。


そして、渡ったところで1つ目の“すごい”。
信号機に付いている“ひさし”。
あれはライトが汚れないように付いているものですが・・・なんとsign01
1つ1つのLEDライトにも1つづつ小さな“ひさし”がついているんですwobbly
この説明で櫻井博士は『LED』を噛みまして、『あっ、噛んだ』というテロップをつけられてました(笑)catface
ちなみに、1つ1つのLEDにも“ひさし”がある理由は、直接日光に当たっても見やすいようにということらしいです。


そして博士は信号機に向かって・・・


櫻井博士『すばらしいーーーsign03


ここでVTRが一度終わり・・・


『はい、みんなパチパチsign03


と、ドームみんなでパチパチ。
音量(??)を計ってて、この時のパチパチは94ホーンでした。
そして櫻井先生・・・


『僕・・・あ、僕って言っちゃったcoldsweats01


櫻井博士設定が(笑)。
バレたのでここで告白・・・。
ロケは夕方の4時頃だったらしいんですが、ちょうど学生たちの下校時間とかぶり、男子学生に『櫻井なんでハゲてんだ??』と言われたそうです(笑)。


再びVTR。
続いては、スキップをする櫻井博士が止まった足元にはマンホール。
しゃがんでマンホールに向かって・・・


櫻井博士『ヤッホー、ヤッホーsign01マンホールヤッホーsign03


この瞬間、かずくんは思わず周りをキョロキョロ(笑)。


『どんなテンションだよ。』


マンホールには小さい穴があいてますよね??
あの穴の意味を・・・


櫻井博士『わかるかなsign02


“猪木?”というテロップ。
あの穴は、大雨の時に中の気圧が上がってマンホールが飛び出さないように開いているそうです。
これもドームみんなでパチパチ。
そしてこの回も鼻は歩道に置き去りにされました(笑)。


そして、博士の目に映った東京ドーム。


櫻井博士『東京ドーーームsign01調子はどぉsign02調子はどぉ、東京ドーーームsign03
スタッフ『博士キャラ維持できてないよ・・・』
櫻井博士『もうわかんないsign01』←


そして、ドームを目指す博士の後姿の下に出されたテロップは・・・
『前日の睡眠時間3時間』
でした(笑)。


ドームのカフェスペースにて・・・


櫻井博士『休憩してるわけじゃないですよ。』


博士の手には2つの大きさのレモン。
よく見る大きさのものと、それよりも大きいもの。
大きいほうが普通に収穫したレモンらしいのですが・・・
博士の目の前にあるティーカップに入れてみると、直径が大きくて入りません。
そして、よく見る大きさのレモンはちょうどティーカップに入る大きさ。
レモンティーのレモンがカップに大きさにジャストサイズな通り、ティーカップに入る大きさであえて収穫されているそうです。
これにもドームみんなでパチパチ。


続いては自動販売機。
自動販売機は、“売切”になっていても中に1本ドリンクが残っているそうです。
その理由は、補充したあとすぐにぬるいドリンクが出ないようにということみたいです。
そして、災害時に無料でドリンクが出てくる自動販売機が存在すること。
緊急時のために自動販売機には住所が書いてあることが紹介されます。
これにもみんなでパチパチ。


ドーム内に入り、客席から・・・


櫻井博士『ヤッホーsign03


この自分の姿に・・・


『ヤッホーが好きなんだね。』


と(笑)。
そしてなぜか・・・メガホンと紙コップを両手に、誰もいないドームで野球観戦コント(笑)。


櫻井博士『おいおいおい、今のボークだろsign01どうなってんだ審判sign01・・・あれだ・・・・・相葉と二宮チェンジsign01


最後の“すごい”は東京ドームの屋根flair
東京ドームの屋根の総面積は28592平方メートル。
サッカーコート約4面分にもなるそうです。
その屋根を掃除したのは、東京ドームができてからたったの1回だけだそうです。
その時は、30人の作業員が1日に8時間作業して、掃除を終えるのに1カ月もかかったそうです。
何度もその作業をしていると、時間も手間も洗剤も・・・と大変なことになります。
東京ドームの屋根は、汚れにくい素材を使っているので、雨が降った時などに汚れを流してくれるそうです。


そしてVTRが終わりまして・・・
自販機のすごかったねぇと。


『それはどの自販機もそうなの??』
『日本のだけ??世界の??』
『・・・・・日本のじゃないかな・・・??』


せ・・・先生(笑)??
自信なさげですよ(笑)。


『日本だけで、ファイナル・・・・・パーフェクトアンサーsign03


混ざった(笑)。
みの氏とガンツ混ざった(笑)。


『マンホールヤッホーは何??』
『ヤッホーヤッホーヌーブラヤッホーをパクったの。』


懐かしい(笑)。


『びっくりしたのはVTRの爆笑ポイントでスベってたこと。』


そして、今日の褒めポイント。


今日のイベントでの会場の警備員の数は700名・・・そのスタッフにパチパチ。


イベントが始まってから会場に携帯の音が響くことはなく、みんなちゃんと電源を切ってくれていた・・・そのことにパチパチ。


そしてメンバー・・・。


『今日は相葉さんかな。150M走って、自転車こいで、豚キムチ作って・・・。』
『さすが相葉氏sign03


『褒めることで世の中が変わる。首都高での取り組みをご存じですか??
何々するな、何々禁止というのではなく、素晴らしい運転をしたドライバーを褒めるというものです。素晴らしい運転を褒める“ホメパト”や、素晴らしい運転をしたドライバーにメールを送る“ホメール”などがあり、そのことによって事故が減ったそうです。
その取り組みを取り入れたのが、長い間事故死亡者数ワースト1だった愛知県です。その結果、死亡者数は大きく減り、ワースト1位を抜け出すことができました。
褒められたほうはうれしい。褒めた自分もうれしい。それが“パチパチ”なんです。
最後に、嵐の5人からみんなへ、ありったけの思いを込めて・・・嵐、パチパチsign03


嵐全員立ち上がって、客席に向かってパチパチ。
5人のパチパチだけが響く東京ドーム・・・・・シュール(震笑)←


そして、櫻井先生が最後に言いたかったこと・・・


Photo_17




最後の先生は・・・
ラブレインボーが流れて、映し出された校章のマークはflair


Photo_18



大野先生の授業はこちらflair


Photo_19



『ここに、携帯電話があります。』


大野先生が手にしてるのは、青い携帯電話。


『今から、あらかじめ抽選で選らんだ会場の人に僕が電話をします。』
『俺もしたぁぁぁいsign01
『サプラーイズ。』
『イェ~。』


この人たち楽しんでる(笑)。


『こちらで用意したケータイに電話をして、スタッフにその電話を持って抽選で選ばれた人の席に持って行ってもらいます。』


4万5千人に走る緊張感(笑)。


『かけますよー。』


先生が電話をかけ・・・聞こえる呼び出し音・・・
1塁側の2階席が一気にザワつきます。
通路を走るスタッフらしき人・・・そしてスポットがあたり、電話を渡された20代カナ??の女性。


『あたりましたー。』
『そりゃそーでしょ。』
『楽しいですかー??今。』
『ドキドキしてます。』
『今モシモシの授業です。』
『ダメなんですか(笑)??』
『いいじゃない、モシモシもしてるんだから。』


そしてこの回もやっぱり、誰が好きですか??と・・・。


『ごめんなさい・・・・・相葉くんです。』
『Gさん、決して悪くない。』


うん、悪くない(笑)。
じゃあ2番目は??と・・・


『・・・・・二宮くん・・・。』
『Gさん、決して悪くない。』


うん、悪くない(笑)。
ダメ押しの3番目・・・(笑)。


『もうヤメテあげてぇsign01
『大野くん。』
『ホントですかぁ(疑)??』


疑っちゃった(笑)。
そして・・・


『そのケータイはプレゼントします。』


白いケータイで、嵐学の校章のシールが貼ってあって、待ち受けも校章という特別仕様。
通話が終了すると会場に自然に拍手が・・・


『みんなパチパチsign01
『いや、今自然にしましたから(笑)。』
『心にパチパチがあるからじゃない??』


と(笑)。


電話で普通に使われる『モシモシ』。
この『モシモシ』はいつから使われるようになったのか・・・。


『黒船きたくらいじゃない??』
『弥生時代sign01
『安土桃山sign01
『鎌倉sign01
『戦国sign01


歴史の授業じゃありません(笑)。
正解は明治。
この時の『明治』という大野先生のポーズは前日と同じく・・・わかりやすく言うとアイーンの逆バージョン(笑)。
アイーンてやる高さで、手をアゴのほうに持て来るのではなく、アゴのほうから前に出す(笑)。
そのアクションの理由は・・・


『明治はここらへんなのsign01


と(笑)。
ようは、歴史年表を縦に、上が新しく下が古くとした場合、明治はちょうどアゴのあたりらしいです(笑)。
『じゃあ縄文は??』とのメンバーの問いに、足元を指し示したんですが、教壇で先生が隠れて見えません(笑)。


昔、電話の時は、『おいおい』と言い、言われたほうは『はいようござんす』と答えていたそうです。
それが、電話交換手が間に入る際、電話を使えるのはお金持ちだけだったので失礼にならないように『はいようござんす』ではなく『申し上げます』と言っていたようです。
その『申し上げます』が『申し申し』になり、『もしもし』になったと・・・。


『昔はお金持ちの人しかケータイを・・・』
『電話です。』


そうですね(笑)。
ケータイはまだないですね(笑)。


『申し申し・・・もーしもーし・・・もしもし・・・・・・あsign01だから・・・』
『ヘタクソだなsign01
『(申し申しだから)“もしもーし”って合ってるんだよflair
『大野さん。最後に伝えたいこと言いましょうか。』


まだ早いよ(笑)。
そして・・・


『みんな、隣りの人と手をつないでください。』


と・・・。
今回のチケットは2枚まで。
両手とも手をつなぐと、必ず片手はお隣のはじめましての方とつなぐ形に・・・。
嵐も立ち上がって手をつないで・・・輪になってグルグル(笑)。


『回らないsign01
和?『手つないだら回るやろがsign01
翔?『回らせろやsign01


そしてなぜか4人で先生に向かって『明治』をやります(笑)。


『明治バカにすんなsign01


先生に怒られて爆笑の生徒たち(笑)。


『じゃあ、そのつないだ手を上にあげてくださーい。』


の声に、一斉に手をあげる客席。
その光景に『おーーーー。』っと声を上げる嵐さんたち。
この回ではちゃんと『おろしてください』と言われたので挙げっぱなしにしなくてすみました(笑)。
そしてこのあと、大野先生が・・・


『今から“大野光線”を出します。』
『ごめんなさい、何でしょ。奇妙キテレツなこと言ってますけど・・・。』


と、先生に近付く4人。
まず嵐で試すという大野先生の前に、左から相葉・櫻井・二宮・松本の順で並びます。
そしたら・・・


『終わったら『はい、終わった』って言ってください。』


と言うと、光線出してないのに潤くんから順番に『わぁぁぁぁぁぁ』っと手を挙げます(笑)。
そしてみんなで『明治』を(笑)。
さらにもう一度4人が『わぁぁぁぁぁ』っと手を挙げると・・・


『あ゛~~~~~』


っと先生も手を挙げます(笑)。


『先生フザけてないですか??』
『みなさんもやりますから。』
客席『えーーーーーーーーsign01
『恥ずかしくないからsign01


ステージ前方に5人で歩み出て、光線を浴びて手を挙げたら終わるまでずっと挙げているとの説明があり・・・


『最初の人大変じゃない??』
『手挙げるだけだろsign03


とキレぎみ(笑)。
お客さんにキレちゃったもんだから・・・


『ごめんね、今オレが聞いちゃったからcoldsweats01


そして大野光線・・・
手首を首の前でクロスして、手のひらは内側・・・。
そこで指をピロピロしてから前へ(笑)。
効果音と照明付きです(笑)。
そのスタンバイをしてる先生をみて、光線がどこから出てるのか気になる4人(笑)。
どうやらアゴをかくと出るらしいです(笑)。
で、光線を出す直前、そのアゴをけっこう近い距離で凝視するメンバー(笑)。
そして、大野光線が当たったところを黄色っぽい照明が通過し、みんな手をあげていきます(笑)。
みんな半そでとかだから、腕を挙げると肌色率があがるという大野先生。


『これ・・・俺言っちゃっていいかな??・・・・・これなに??』


言っちゃった(笑)。
『色変わるかなーって??』とか言われて・・・


『いや、みなさんと繋がりたかったの。』


“つながる”というのは“知り合いになる”のではなく、“相手と心を通わせること”だと・・・。
自分が思ってることを相手に伝えること、ありがとうを伝えることが大切なんだと・・・。


『ここで、嵐のメンバーで感謝の気持ちを伝え合いたいと思います。』


と・・・。
今回は・・・かずくん。
かずくんが壇上まで移動します。


『真剣にね。』
『真剣に??』
『フザけちゃダメ??』
『フザけなしね。』
『まずは、翔さん。』
『ワタシ??(カタコト)』



櫻井翔から二宮和也へ・・・感謝の言葉】


『えー。僕がニノに感謝していることは、バラエティーでのニノの立ち振る舞いです。あんまり・・・んー・・・・・難しい場面でもコソコソコソコソ小さい声で指令を出し、結果それがとても面白くなることが多々あります。なんでもない日常を面白くしてくれるのはニノだと思います。ニノ、ありがとう。』


『次いきますよ。相葉ちゃん。』
『はい。』



相葉雅紀から二宮和也へ・・・感謝の言葉】


『二宮和也くんへ。かれこれ16年くらいの付き合いになりますね。Jr.の頃から同じ電車で、毎日一緒にレッスン行ったりして。一緒に野球したり、たまにゴルフ行ったり、ボーリング、バッティング・・・。でも1つだけ断ったことがありましたね。何年か前のお正月。休みが重なったので、一番行きたいと思ってたことに愛をこめて誘いました。“タイにムエタイを見に行こう”と。それだけ断りましたよね。今度タイにムエタイを見に行きましょう。ありがとう。』


『なんのありがとうだよ。』



松本潤から二宮和也へ・・・感謝の言葉】


『二宮和也さん。あなたはひじょうにいろんなものを普段からよく見ていますね。ゲームしながらとか、人と話をしながら、人がどう動いて感じているのかを見ながら、自分がどうしたらいいのか考えてて。5人でいる時、打ち合わせとかで何かあって俺が空気重くしちゃっても、わざとフザけて明るくしてくれて・・・。その空気が好きです。いつも助けられています。これからもニノらしく、たくさん笑わせてください。』



大野智から二宮和也へ・・・感謝の言葉】


『えー、二宮くん。』
『誰ですか??』
『あなた。』
『私??二宮でいい??』


聞こえてたくせに(笑)。


『デビューしてからですね。僕にスキンシップを欠かさないのは。お尻を触ってきたり、手を繋いできたり。一時期嫌な時もありました。でもあなたは触り続けた。いまだに触ってくる。でもフッと考えるんです。ある日急になくなったら寂しいなってホントによく思うんです。だから、これからもスキンシップよろしくお願いします。』


なんだこれ(笑)。


『ふざけちゃダメって言って一番フザけました。』
『今日(スキンシップ)少ないんだよね。』
『それもう恋してるよ(笑)。』


かずくんはステージに戻って来ながら・・・


『翔ちゃんと潤くんのはグッときますよ。』
『俺まじめに言ったよー。』
『相葉氏にいたっては何だったんですか??ありがとうが全然こなかった。』
『もっかいやる??』
『大丈夫です。』
『あ・・・撤収されてるわ・・・。』


相葉くんの視線の先には、撤収作業中のスタッフ(笑)。


『人と人とがつながる最大の装置は“言葉”です。
人が一生のうちに出会える人の数はどのくらいだと思いますか??
1日に2人の人と出会うとすると、知り合いになれる人の数は今ここにいる人数と同じ4万5千人。
その中で名前を覚える人の数は3千人。
さらに顔と名前が一致する人は500人。
その中で友達と呼べる人は30人。
そして、親友と呼べるひとの数は・・・このステージ上にいる僕らと同じ数、5人です。
つまり、人と出会いつながるということは奇跡なんです。』


大野先生が最後に伝えたかったことは・・・


Photo_20


『この会場を出たら、自分の気持ちを、伝えたい気持ちを考えてみてください。』


これで全ての授業が終了です。



5人が最初と同じ場所に、松本・大野・相葉・二宮・櫻井の順で並びます。
そして、今日の感想を語ります。


『楽しかったですよ。ニノにありがとう言えたし。』
『マツジュン、(感謝の言葉の)入り良かったよ。校長先生みたいだった(笑)。』
『言われる方も緊張するよ。相葉くん以外は。』
『緊張しろよsign01


最後までイジるなぁ(笑)。


『大野さん、何か気付いたことありますか??』
『大野光線いいな。腕あげると肌色になるんだね。』


と自画自賛(笑)。


『大野さん、今日の気づき、あらためて発表してください。』
『大野光線です。』


おすなぁ(笑)。


『今日ここに来られなかったいろんな人に、今日の授業のことを伝えていただければ・・・』


今度はみんなが先生になってね・・・と・・・。


『ではあらためて・・・二宮先生、よろしいでしょうか。』
『それでは最後に、ワクワク嵐学校の校歌を歌いたいと思います。』


紅白で歌った『ふるさと』が嵐学校の校歌ですconfident
そして、このイベントのために・・・嵐学校のために・・・
作詞家の先生に特別に2番の歌詞を書いてもらったと・・・
今日の授業の内容を歌詞にしてもらったと・・・
1番2番を嵐が歌ったあと、2番のサビを全員で合唱します。
1番の歌詞は紅白のまんまなので、このために書かれたという2番の歌詞をご紹介します。



ここに集えた奇跡
胸に深く刻む
小さき光が照らす
大いなる夢
明日への扉ひらいて
5つの種を蒔いたら
見過ごしてきたものさえ
いま いとしすぎて
助けあいたい友がここにいる
遠くを見つめて歩きだす
空の星も虹の橋も
全ては心の中にある
気づくことで輝く生き方を
いつまでも大切にしたい
空の星も虹の橋も
君のふるさと



1番と2番の間奏で、前日とは違う動きが・・・
ステージを降りて、客席に近いとこに5人が散らばります。


Photo_21



美海たちの目の前にはかずくん。
チケット譲ってくれて、少し離れたとこに座ってたお友達がかずくんスキーだからちょっと申し訳ない気持ちに・・・><
さらに歌い終わった時に、前日は登場しなかったトロッコが登場。
コンサートのに比べたら、枠の電飾以外装飾もなくシンプルなもので・・・
外野から左右に1台づつ出てきて、1塁側のは翔ちゃん、かずくん、相葉くんの順に拾って、3塁側のは潤くん、智くんの順で拾います。


この時にまた“先生設定”を楽しむメンバー。


『相葉先生、楽しかったですね。』
『そーですね、櫻井先生。』
『二宮先生、楽しかったですね。』


なんて言って。
一周したトロッコは、外野側の扉の前に並んで・・・
二宮・相葉・櫻井 / 松本・大野の順で並びます。


『では、櫻井先生。お願いします。』
『以上をもって、嵐のワクワク学校を終了します。一同、起立sign01sign01
全員『ありがとうございましたー。』
『着席sign01


トロッコを降りた嵐は、たくさんの『ありがとう』を言いながら扉から・・・
と思いきや、前にトロッコがあって邪魔なので、扉セットのサイドからハケていきました(笑)。
え、あの扉初日だけ(笑)??


ハケたあと、真っ白な画用紙にクレヨンでお絵かきする嵐のVTRが流れます。
虹の絵や木の絵・・・
そして、授業のVTRの参加してくれた・・・養豚場の人たちやチェ・ホンマンもお絵かき・・・。
その絵を繋げるとオープニングの映像・・・
1本の5色の虹が2本になり・・・
その虹が渦を巻き、そこから垂れた雫が芽になり・・・
木となりリンゴの実が生り・・・
鳥がリンゴをつついて落とすとそれが学校の屋根となり・・・
鳥が鐘をくわえて飛んできて・・・
その鐘が学校のチャイムとなり、鳥が風見鶏となり・・・
学校から伸びた5色の虹の色が鮮明になり1色づつ渦を巻き嵐学の校章に・・・



そして、規制退場のアナウンスも『以上をもちまして、本日の授業は全て終了となります。』でした。





|

« 嵐のワクワク学校~2時間目~前編 | トップページ | 嵐のワクワク学校~5時間目~前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嵐のワクワク学校~2時間目~前編 | トップページ | 嵐のワクワク学校~5時間目~前編 »