« ひたすら。。。 | トップページ | お見舞い。 »

2014年3月21日 (金)

神カル初日。

観てきました、映画と舞台挨拶中継、美海です。

泣きました。

泣けました。

前作よりコミカルなシーンもあって、

考えさせられるシーンもあって・・・

以下、ネタバレ含みます。

前作でも思ったこと。

ハルみたいな奥さんになりたいな。(もらってくれる人がいればね←)

イチさんとハルみたいな、結婚しても手を繋いで歩ける夫婦に憧れる。

貫田先生たちみたいに、お互いを想いあえてる夫婦に憧れる。

進藤先生たちみたいに、すれ違ってしまっても、相手を受け入れ壊れかけたものを直そうと寄り添える夫婦に憧れる。

全く違うタイプの夫婦だけど、どれも素敵な夫婦でした。

舞台挨拶中継。

覚えてるところを断片的に・・・

登壇者は、翔ちゃん、あおいちゃん、要くん、市毛さん、監督さんの5人。

始まる前、どんな衣装かなーとウキウキしてたんですが・・・

なんか・・・

なんてーの?

そこそこ良いお家のクッションみたいなジャケット・・・←

白地に黒で・・・

ペイズリーっぽいけどペイズリーとも言いがたいような柄←

パンツもワイドめなもので・・・

翔ちゃんにはタイトなモノトーンが似合うのっ><

しかも今ビジュアル良くてお顔小さくて髪サッパリだから、

元々首太めで顔から首がストンてなってるから、

タイトな衣装じゃないと無駄にポチャッて見えるのっ><

と、できるだけ首から上みてました←

今日は全国の映画館に中継されてるという説明と、どれが中継カメラかの説明が。

正面の中継カメラを見ようとして照明が眩しくて目元に手で日差しを作る翔ちゃんがかわいくて(っ´ω`c)♡

無言でカメラ確認して手をふる翔ちゃんがかわいくて(っ´ω`c)♡

最初に軽く全員がご挨拶。

翔ちゃんは、神カルのCM見たら前回の舞台挨拶で言った言葉が使われていたので今日はちゃんと喋りますと(笑)

あと・・・

あ、思いつくまま書くので言った順番バラバラです(笑)

出来上がったものを観た感想を聞かれて、

年末に観たんだけど、観終わった後しばし呆然としたと。

最初2の話を聞いた時に躊躇したけど、監督から続編というより1と違うものを作りたいと聞いて・・・

出来上がったものをみて参加してよかったと思ったと。

要くんがパパになったから、進藤先生の気持ちがわかります?的なこと聞かれてて、すごくわかると。

イチさんが頭からコーヒーかけるシーンで、翔ちゃんを殴りたくなったと(笑)

翔ちゃんは『すみません・・・』て(笑)

要くんは自分と進藤先生を重ねて映画を観てて、『俺はタツだって思いながら観てました。』から・・・

要『僕はたつやです!』
翔『違いますよー。砂山先生ですよー。』
要『どうも皆さん。ふじわらたつやです!』
翔『違います!』

なんてやりとりも(笑)

市毛さんは2からの参加で、現場の雰囲気がふんわり?だったかな?してたと。

その中でも一番ふんわりしてたのが櫻井さんだと(笑)

主役なのに(笑)

それに対して翔ちゃんは、2からの人たちが入ってきやすいようにあえてそうしてたんですってニヤニヤしながら言ってました(笑)

この映画の一つのテーマ?軸?としてある“人との繋がり”。

それについて聞かれた時、みんな同じ作品に携わった人たちとの繋がりみたいなこと言ってて、

要くんもそのこと言って、だから櫻井くんとも・・・と(笑)

『櫻井くんと繋がりたい!』とか言ってどう受け止めていいか戸惑う翔ちゃん(笑)

そんな翔ちゃんは、学生時代の先生のお話。

先日も高校時代の先生に会いに行ったと。

『赤羽に行ったんです。埼京線に乗って。』

どよめき(笑)

バレませんでした?って聞かれて、

『全然。それがいいのか悪いのかは別だけど^^;』

と(笑)

『電車ってはやいんですね。車もいいんだけど、時間決まってるからいいなって思いました。』

からの・・・

『え?なんの話?埼京線の話?』

と一旦迷子(笑)

上映後の舞台挨拶だったので、もう一度観るならここに注目して観てほしいというところは?の問いに、唇に指を当てて『え、むずかしいなー・・・;;』という翔ちゃんがかわいくてっっっ٩(*>▽<*)۶

で、翔ちゃんの注目ポイントは、

最後のほうで栗原夫妻が進藤先生の家に行くシーンがあるんですが、そこでテレビの横に嵐のDVDがあると(笑)

これは監督も知らなかったみたいです。

美術さんが置いてくれてて、最初はもっと目立つ位置にあったそうですが、あまりにも作品にそぐわないとの翔ちゃん判断で移動させたとか(笑)

でも映ってるかどうかは分からないって言ってました。

あおいちゃんの注目ポイントは、イチさんとハルのマフラー。

お揃いで、ハルが編んだという裏設定。

あおいちゃんが翔ちゃんに、『私のは繋がってるタイプのやつ(スヌード)だったんですけど、繋がってないやつでした?』と聞くと、一点を見つめてフリーズ(笑)

絶賛思い出し中(笑)

で、繋がってないやつだったと。

そのお揃いのマフラーがあおいちゃん的注目ポイント。

あと、今回はある一館と中継を繋ぎますということでその映画館を発表。

映画の舞台にもなった松本の映画館。

翔ちゃんのうちわ持ってる人がなかなか目立つとこにいてヒイたよね←

公開前にやってたキャンペーンで1位だったこともあって、ちょっと前に翔ちゃんが行った時は神カル関連のものがバーッとあったと。

『あそこならさすがに僕だって気付いてもらえます!』

と、嬉しそう(笑)

で、松本の映画館に松本の現役医大生の人が4人だったかな?招待されてて、むこうの進行の人が『現役医大生の“皆さん”』って紹介。

その表現の仕方が、その会場にいる人みんな感があって、翔ちゃんもちょっとビックリしてたんだけどね、

すでに2列目におじさん3人くらい並んで座ってるからね(笑)

招待されたうちの1人の男の子が翔ちゃんとトーク。

仕切り慣れてる翔ちゃん(笑)

正直進行の人より仕切り慣れて・・・(ゲフゲフ←

で医大生くんが喋りだした時にね、

『櫻井翔さん。』

ていきなり言って、それがだいぶ棒読みで、要くんだったかな?

『これから作文読むの?』みたいな(笑)

ちょっとタイムラグがあったりみんながイジったりしてたから、結局『櫻井翔さん。』て3回言ってて(笑)

1を観た時はまだ1年生で、患者側の気持ちで観てたけど、今回は出てくる専門用語や症状がわかったし、医者側の気持ちで観ていたと。

で、翔ちゃんが印象に残ったシーンを聞いたら、

イチさんの大学時代のシーンで、進藤の奥さんとの出会いのバスのシーン。

イチさんにバス代を借りるんだけど、医大生くんもつい先日バスでおばあさんにバス代を借りたからと(笑)

翔ちゃんが、『吹石さんとおばあさんを重ねてみてたわけね。』と。

なんか終始楽しそうな翔ちゃん(笑)

招待した彼らと同じ22歳の頃、どんなこと考えてました?って聞かれて、

『22歳・・・。なんも考えてなかったと思う^^;それこそ大学卒業するタイミングで、2足のワラジの2足目を脱いで仕事一本になるってのはありましたけど・・・』

と。

で監督が、医大生くんが原作者の夏川先生に似ていると。

確かに似てるの!

私も最初アレ?て思って、監督の言葉でそうだよね!って。

監督が、『医者になって、いつかは小説書いてください。そして映画を撮らせてください。』って言ったら翔ちゃんも、

『その時は出してください♪』って(笑)

そしたら医大生くんから主演でお願いしますとオファーありました(笑)

あと・・・どのタイミングだったかなぁ・・・

あおいちゃんが喋ってる時にケータイが鳴って、

あおいちゃんは音の方向みて『もしもーし^^』って・・・超絶かわいいの(灬ºωº灬)♡

その一言だけで空気悪くしないってのがすごいよ。

あと、もし3があったらって話。

そしたらイチさんとハルの間には子供がいるんですよねと。

でもやっぱりイチさんが父親な姿が想像できないと。

翔ちゃんが、『自分の子供に『なんたる失態・・・』って言われてもね^^;』って(笑)

あー、でも面白いよね。

御嶽荘の他の住人になついて父親になつかない我が子に驚愕するイチさんにハルが『仕方ありません。イチさんはお仕事が忙しいのですから。』とか言われて『なんたる失態・・・』とか言うイチさん(笑)

で、次に帰る時にオモチャいっぱい買いすぎてハルに怒られるイチさん(笑)

最後の挨拶では、真面目に話してた翔ちゃんでしたが、

最後の最後。締め直前・・・

噛みました(笑)

・・・いや!訂正!

噛み倒しました(笑)!!

もちろん笑う会場。

落ち込む翔ちゃん(笑)

チラッて隣りのあおいちゃんを見たら、あおいちゃんがニコニコしながら人指し指で1作って『もう一回』ってジェスチャー。

翔ちゃんも人指し指で1作って『もう一回?もう一回?』って。

それを見てうんうんって頷くあおいちゃん・・・

あの2人かわいすぎるっ!!!

噛み倒した時は妹と2人でWSのネタ決まったねなんて言ってたのに・・・

すぐにわたくし息絶え絶え・・・←

で、『これ最初っからは無理なんだよなー・・・』って言いながらも何事もなかったかのように喋りだし(笑)

今度は噛まずに言えました(笑)

あまりの可愛さに、最後の挨拶は覚えていません←

あ、最初の部分だけ覚えてる!

1の舞台挨拶の時に、あずみさん役の加賀さんが隣りで涙していたことを思い出しましたって。

その一言で、今観た2だけじゃなくて1の感動もよみがえってきました。

一度退壇して写真撮影。

壇上にはカメラさんたちが上がって、しばらくして中央の通路に再び皆さん登場。

パネルを持って、司会の人の指示通りに目線を移しながらお仕事モード。

影山さんの時より長めに堪能できました♪

でも、登壇中と写真撮影中はお仕事モードだったけど、それ以外のお顔がちょっとお疲れモードでした><

それでも最後の最後に、真顔のままだったけど振り替えって軽く頭下げてくれました。

|

« ひたすら。。。 | トップページ | お見舞い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひたすら。。。 | トップページ | お見舞い。 »